記事一覧

Q5:結婚披露宴にはどのくらいの費用がかかるの?予算はお祝い金でまかなえる?

A:費用は挙式や披露宴の形態、また、ホテルなどの会場やお料理などによって異なります。見栄や体裁にとらわれすぎず、列席される皆様のお陰でここまで来ることができたという感謝の気持ちを込めて二人(新郎新婦)の晴れ姿を披露する会(宴)であると考えて、無理をせず、新郎新婦の予算に応じた会場やプランを選ぶことが大切です。(参考:ウェディング・プライス例 婚礼各種料金例
また、披露宴はお祝い金(祝儀)で行うのものであるという意識や、祝儀以下で行おうとする風潮がありますが、通常、祝儀を贈る側は“披露宴の一人分の費用”を目安に贈りますし、祝儀をもらう側は、祝儀で披露宴のもてなし部分(料理、飲み物、引出物等とサービス料税金)のみをまかなうもので、結婚披露宴そのものを祝儀で行ったり、祝儀以下の料金で行ったりするものではありません。

  • 披露宴の“もてなしは祝儀相当分”で、列席者がもてなしの費用として負担しているもの
    ですから、もてなし(料理、飲み物、引出物等とサービス料税金)を祝儀以下にするわけにはいきません。料理や引出物等で祝儀以下のパック商品等もありますが、これを会場側や担当者に勧められても辞退することをお薦めします。安くてすむからと安易に決めず、誰がいくらご祝儀を包むかなど分かりませんが、招待客が不愉快な思いをしないように失礼のないおもてなしをしたいものです。
  • もてなし(料理、飲み物、引出物等とサービス料税金)以外の、挙式料、司会料、衣裳、新婚旅行、記念写真、ビデオ等は、出席者が負担するものではない
    ですから自分たちの予算等の都合で安いプランにしたり省いたりしてもかまいません。稀に、ご祝儀が思いのほか多くて、この部分もまかなえてしまうことがありますが、それを目的とするものではありません。予算等の都合で挙式をしなかったりハネムーンに行かなかったり集合写真等を省くことがあったとしても、披露宴をするのならば、もてなし部分を削ってしまってはいけません。披露宴の“もてなしは祝儀相当分”で、列席者がもてなしの費用として負担しているものなのですから。