記事一覧

十干と干支

【十干(じっかん)】
甲・乙・柄・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の総称。
これを五行(ごぎょう)に配し、おのおの陽すなわち兄(え)と、陰すなわち弟(と)をあてて甲(きのえ)・乙(きのと)・柄(ひのえ)・丁(ひのと)などと訓ずる。
普通、十干と十二支とは組み合わせて用いられ、干支(かんし)を「えと」と称するに至った。

甲(こう)きのえ(木の兄)
乙(おつ)きのと(木の弟)
柄(へい)ひのえ(火の兄)
丁(てい)ひのと(火の弟)
戊(ぼ)つちのえ(土の兄)
己(き)つちのと(土の弟)
庚(こう)かのえ(金の兄)
辛(しん)かのと(金の弟)
壬(じん)みずのえ(水の兄)
癸(き)みずのと(水の弟)

五行(ごぎょう)
中国古来の哲理にいう、天地の間に循環流行して停息しない木・火・土・金・水の五つの元気。万物組成の元素とする。



【干支(えと)】
「兄(え)弟(と)」の意。十干十二支(じっかんじゅうにし)。
十干を五行に配し、陽をあらわす兄(え)と、陰をあらわす弟(と)をつけて名としたもの(「甲=きのえ」など)に、十二支を組み合わせたもの。甲子(きのえね)・乙丑(きのとうし)など60種の組み合わせを年・月・日に当てて用いる。