記事一覧

難波は「なんば」?

「『難波』? そら『なんば』やろ。」

問えば十中八九の人がこう答える。そうだよなぁ、一般的にはそう読むよなぁ。中に「難波」という名字の方がいらっしゃったが、やはり「なんば」さんだった。でも違うのだ。いや、違わない、大阪ミナミにあるのは確かに「なんば」なのだから。でも、尼崎では違うのだ。

東京の新宿区で「新宿」は「しんじゅく」と読むが、大田区では「しんしゅく」というらしく、「にいじゅく」というのが葛飾区にあるそうだ。他に「あらじゅく」と読む地名が川越市にあると聞く。「新宿」と見ると東京新宿区を連想して「しんじゅく」と読んでしまうが、こんなに色々あるのでは、単に「新宿」と書かれたものを見て、うっかり「しんじゅく」と読んでしまうわけにはいかない。

そういえば、こんなのもあった。「原田」である。前後の文脈を考えずに「原田」と見ただけでこれは人名なのだと決めてかかり、それなら読みは「はらだ」であると思い込む。実際これが人名ならば「はらだ」と読むのが一般的だと思うのだが、もしも地名だったとしたらどうだろう。そんな地名、あるわけないやと思うなかれ。なんと「原田」と書く地名が九州に存在していた。我が国で「原田」というのは「鈴木」さんや「佐藤」さん同様、多い名字のうちの一つにあげられるほど人名として馴染みが深いもの。それだけに、その読みも当然「はらだ」なのか思いきや、さにあらず。確か「はるだ」だったと記憶している。どうりでその地を訪ねるために地元の人に「はらだ」と聞いても通じなかったはずである。

地名や人名の読み方はホントに難しい。ところ変われば読みも変わるが、地元や身近にあることなら自然に身に付いていく。「難波」も尼崎を訪れれば「なにわ」と読むと知る。「五五五」もご近所ならば人名で「ごごもり」さんだと自然にわかる。だが、そうでなければなかなか難しい。

難しい地名や人名などをわざわざストックしておく必要はないと思うが、色んなところから知識として吸収し、仕事での言い間違いを避けるためにも、頭の片隅に置いておいたほうがいいとは思う。仕事において言葉の言い間違いは、時として、伝えたい事(ニュースの内容)そのものよりも強く視聴者の印象に残ってしまうことがあるから。伝えたい事をちゃんと伝える為にも、わからない事や疑問に思った事は、その都度調べるようにしたいものだ。

追記:
東京には「江古田」という町名が中野区と練馬区にあるらしく、中野区では「えごた」、練馬区では「えこだ」と読むのだそうだ。
因みに、わたしのケータイorパソコンでは「えこだ」でも「えごた」でも「江古田」と変換される。