記事一覧

手紙と絵文字メール『気持ちを言葉に』

以前、あるテレビ局で『アタックNo.1』が再放送されていた。上戸彩のではなく昔なつかしのスポ魂アニメ。これを見てバレーを始めた、とか、『エースをねらえ!』を見てテニスを始めたとかいう人が多かった世代にはなつかしい番組で、わたしもそんな世代のひとりだ。

画面をみてると、時代背景というか、当時のようすがうかがえる。日本って、こんなにも木々や山々、緑豊かで、安全度の高い国だったんだなぁって。
「人は皆、自分本位にものを言うものだわ。」とは、このドラマの主人公・鮎原こずえのセリフ。バレーに青春を捧げるこずえは、ただ今17才。で、これがその17才のセリフだろうか、と驚かされる。当時の17才は随分と大人だったのだなぁと、自分のころや今の学生を思うにつけ、そう感じる。

そんな青春真っ盛りのこずえが相手に思いを伝えるときの手段となったのは『手紙』だった。この頃はケータイなんて便利な代物は陰も形も?なかったから。
ケータイも絵文字もなかった当時、人は自分の気持ちを言葉にして、それを手紙にしたためて切手を貼ってポストに投函していた。が、時代が進みケータイが誕生すると、思いを伝える手段は一気に手紙からケータイへと移行した。
ケータイとは便利なものだ。そもそも電話だったはずなのに、そこへさまざまな付加機能が搭載されて、むしろそっちの方に重点が置かれつつある。『手紙』に限っていえば、その代わりとなる『メール』機能は、言葉にできない思いを絵文字に託して、簡単に相手に送ってくれて、電話としての機能よりもむしろ便利に使われているんじゃないかと思うほどだ。
便利になったケータイ電話、楽しく使える絵文字の数々。
絵文字を使うことで、言葉にしにくい自分の気持ちをうまく表現すると同時に、メールの文字数を抑えて送信時の負担を軽くしている。

これが、今のデジタル社会の通例でもあるんだろうけど、そんな今だからこそ、その『絵文字』で表す部分(気持ち)を『言葉』(活字)で表現するということが大切なんじゃないかと思う。どういう思いだからハートの絵文字を使うのか、にっこり笑顔の絵文字を使うところを絵文字を使わず活字にするとしたらどんな言葉になるのか、などなど。よく、今の学生たちは語彙が少ないと言われるが、そんなところにも起因しているように思う。"時代の流れ" というひと言で片付けてしまいたくない現実がここにある。