記事一覧

敬語の分類に新風〜3分類から5分類に

2006年10月2日に、文化審議会国語分科会の敬語小委員会は、これまで3分類(尊敬語・謙譲語・丁寧語)だった分類法を、謙譲語と丁寧語を細分化し、それぞれに丁重語と美化語を加えて、5分類(尊敬語・謙譲語・丁重語・丁寧語・美化語)にする指針案をまとめた。学校教科書には3分類のものや4分類のものもあるらしく、詳細は現在のところ曖昧なままという印象だが、その詳細は下記の通り。

【3分類】
従来の考え方で以下の3分類。
( )内は「自分」が話し手で「相手」が聞き手の場合の考え方の一例

  • 尊敬語(自分よりも相手を高めて言う言い方。例:言う→おっしゃる、お話になる)
  • 謙譲語(相手よりも自分を低くすることで相手を高める言い方。 例:言う→申す、申し上げる)
  • 丁寧語(丁寧語 自分が相手に対して敬意を表すため、言葉遣いを丁寧するのに用いるもの。「です」「ます」「ございます」など。例:居る→居ます。言う→言います)

【5分類】
従来の3分類のうち、謙譲語が「謙譲語」と「丁重語」に、丁寧語が「丁寧語」と「美化語」に細分化されて以下の5分類に。
( )内は「自分」が話し手で「相手」が聞き手の場合の考え方の一例

  • 尊敬語(自分よりも相手を高めて言う言い方。例:言う→おっしゃる、お話になる)
  • 謙譲語(相手よりも自分を低くすることで相手を高める言い方。 例:言う→申す、申し上げる)
  • 丁重語(謙譲語を兼ねた言い方だが、動作の受け手がなくてもよい。例:居る→おります。言う→申します)
  • 丁寧語(丁寧語 自分が相手に対して敬意を表すため、言葉遣いを丁寧するのに用いるもの。「です」「ます」「ございます」など。例:居る→居ます。言う→言います)
  • 美化語(上品とされる言い回しや言葉遣いで、従来は丁寧語に分類されていたもの。「お」「ご」等をつけたり語彙を変えて作る。例:酒→お酒。料理→お料理。めし→ごはん。便所→お手洗い)

今回の指針案では、これまでの3分類では丁寧語とされていた「お料理」など上品さを表すための言葉は「美化語」として分類し区別されることとなった。が、この「美化語」なるものは、「です、ます」などとともに丁寧語の一種とされているが、これを既に独立した種類として扱い、4分類(尊敬語・謙譲語・丁寧語・美化語)としている学校教科書もあるらしい。

この新たな指針は、敬語の性質を厳密に分類することで使い方の混乱を防ぐのが狙いだとしているが、果たしてそううまく狙いどおりに行くだろうか。わたしは、“複雑な分類でさらに混乱を招く恐れあり”との意見に一票を投じる。