記事一覧

新郎新婦の謝辞サンプル

新郎新婦謝辞は、宴の結びに、ホストである新郎新婦が列席者に対して行うものです。
以下のサンプルは、新郎新婦がふたりで行う場合と、新郎のみが行う場合の一例です。

【新郎新婦ふたりで行う謝辞サンプル】
新郎:「本日はお忙しい中を、私どものためにお集り下さいまして、ありがとうございました。皆様から頂戴いたしました、ありがたいご教訓、温かい励ましのお言葉を胸に深く刻みまして新生活に挑んで参りたいと思います。また、身に余るお褒めのお言葉まで頂戴いたし、恐縮のいたりでございます。未熟な私どもではございますが、どうか末永くおつきあい下さいますよう、お願い申し上げます。誠にありがとうございました。」

新婦:「本日は本当にありがとうございました。今日の感動を忘れる事なく、良い妻になるよう一生懸命努力していきたいと思います。これからも皆様からご指導を賜り、若輩者の私達にお力添え頂けますよう、心からお願い申し上げます。ありがとうございました。」



【新郎のみで行う謝辞サンプル】
新郎:「本日は皆様ご多用中のところを、私どものためにお運び下さいまして、本当にありがとうございました。皆様から頂戴しましたお言葉の数々を深く心に刻みまして、頑張って参りたいと思います。私も◯◯(新婦の名)も未熟者ではございますが、お互いに助け合って、ともに人生を歩んでいく覚悟でございます。皆様には、何卒末永くご指導下さいますよう、心よりお願い申し上げます。皆様のご健康とご幸福をお祈り申し上げまして、私どものご挨拶とさせて頂きます。本日は誠にありがとうございました。」

ページ移動

  • « PREV
  • NEXT »