記事一覧

Q4:会費制の披露宴の場合のお祝いは?

A:原則として不要です。宴を催すこと自体がお祝いであると割り切って、当日は会費だけを持参します。なお、会費は祝儀袋に入れず、そのまま受付に出せばいいでしょう。会費だけでは気が済まない場合などは、前もってお祝いを届けます。

Q3:お祝い金を贈る時、金額の目安は?

A:披露宴の一人分の費用を目安にします。夫婦で招かれた場合は二人分の金額を夫婦連名にして贈るのが一般的です。

Q2:招待状に「平服で」と書かれていたら?

A:平服=正装でなくてもよいという意味ですから、略礼服にします。

女性の場合は、和装なら色留袖は避け、つけ下げか一つ紋の無地を基準に金銀の袋帯か名古屋帯で格調を出します。洋装ならドレッシーなワンピースかスーツ、あるいはブラックフォーマルドレス(この場合はアクセサリーで華やかさを)で。

男性の場合は、やはりブラックスーツかダークスーツが一般的です。

ページ移動