記事一覧

不便が悪い?!

友人と洗濯機について論を闘わせていた時のことだった。私が二そう式洗濯機に軍配をあげたら、彼女は「いや、やっぱし洗濯機は全自動やで!二そう式のは不便が悪いからアカンアカン」と言ったのだ。おいおい、ちょっと待て、それはアカンやろぉ!間違ごうてるで! 何がアカンて、二そう式が不便やからアカンのではなくて「不便が悪い」という言葉の使い方がアカンのである。

テレビやラジオなどでもアナウンサー等が、間違いだと知ってか知らずか、よく重複して(ダブって)喋っているのを耳にする。「引き続き野球中継を続行します」「被害をこうむる」「歩いて約1時間ほどの距離」それから「一歩前へ前進」「後ろへバック」「上がりのぼり」まだあるぞ「沿岸沿いの地域」に「一人でひとり言を言う」・・・とにかく言いはじめたらキリがない。

私もナマの仕事をしていると、思わず言ってしまったという事がある。決して良い事ではないが、一件が無事に落着してしまえば、その道中での些細な言い間違いは、言いたい事の真意が聞き手に伝わっていれば、それは言葉の「言い換え」として許されてしまっている。聞き手に喋り手の姿が見えない状況下で(あるいは見えていたとしても)、番組中に声のない、無音の状態が続いてしまうという最悪の事態が発生してしまうことを思えば、少々の言葉違いは「言い換え」として大目にみて貰えることがある。あくまでも少々だ。多少ではない。余談だが、この「多少」という言葉、その意味は文字通り「多いか少ないか」だが、一体どちらの意味で使われることが多いのだろう。勿論、文脈によって変化するのだろうが、ニュアンス的には「少々」とほぼ同局にある言葉で、「多少」の「少」のほうに比重が置かれていて「少々」よりも「少し多い」が「多くはなく少ない」という感じで使われているように思う。因みに所変わって、この「多少」という言葉、中国では「多」のほうに比重がおかれていて、「少々」と対局する言葉なのだそうだ。

話をもとに戻して、結局OKが出てしまうから、後日テープ等を改めて聞き直すこともなくなってしまって、そこからの反省も学習もしなくなる。結果、「言い間違い」を「言い換え」だと勘違いしたままになってしまうわけだ。そうならないためにも極力、後日改めてその「喋り」を聞き直すように心掛けている。聞き直していると、何とも情けない気持ちになってしまう事もあるが。

さて、この、重複した言葉たちだが、あまりにも頻繁に耳にしすぎて一体どこがどう違うんだか、今日では違っていることすら、もう分からなくなってきている。

メディアというのは恐ろしい。

誰かが、「嘘もつき続ければ本当になる」と言っていたが、当たらずとも遠からずといったところだろうか、最初は間違って重複した言葉を使ったのだとしても、使い続けていると、そのうちにその言葉のとこが重複しているのか分からなくなってきて、やがては、重複して喋ってどこが悪いのだ、別にいいじゃないか、ということになりそうで恐い。

だが、幸いにして、まだそこまで変わってはいない。改めて言おう、重複して喋るのは良くない。一つあればいいことが余計にあるのだから。良くないと分かっている人が、例えばウケ狙いで、あえてダブって言うところに「面白さ」があるわけで、そうでない人、例えばアナウンサーなどが、時事ニュース等を聞き手に伝える際に、繰り返して言うのではなく、ダブって喋ってしまうというのはいただけない話で、面白くも何ともない。

「引き続き野球中継を続行します」は「引き続き」と「続行」が重複しているし、「被害をこうむる」は「被害」自体が害を被る(こうむる)ことを意味しているのだから「被害をうけた」とする方がいいだろうし、「約1時間ほど」の「約」と「ほど」は同意語だし、「一歩前へ前進」も、前へ進むことを前進って言うんだからやっぱり重複しているし「後ろへバック」もその類いで、「上がりのぼり」もそれを言うなら「昇り降り」だろう。「沿岸沿いの地域」は一見正しいかのようだが、岸に沿ってることを「沿岸」というわけだから、それにまた「沿い」を付けて「沿岸沿い」とするのはやっぱりおかしい。「海岸沿い」とするべきだろう。それから「一人で一人言を言う」とか言う人がいるけれど、これも、独り言は独りで言うものだから一人で一人言を言うとは言わないだろう。

洗濯機の良し悪しの話は、結局、何が「不便」で、どこをもって「便利が悪い」とするかは、それを使う人によって異なるということで落着し、話題の中心は言葉の重複へと移り、その話に終止した。洗濯機も言葉も、新型が必ずしも良いというわけではないということだ。

ところで、この「重複」、みなさんはどう読まれただろうか。辞書によれば、「じゅうふく」というのは「ちょうふく」の新語形で、一つあればよい物事がよけいに有ることを意味していて、ダブることを言うのだそうだ。因にこの「ダブる」というのを調べてみると、重複の俗語で、狭義では、他の映像と二重になって写ることを指す とある。似た言葉に「サボる」というのがあるが、こちらはフランス語のサボタージュ(sabotage)の俗語で、サボタージュをすることをいい、なまけるという意味だ。それにしても、こんな俗語、一体誰が一番はじめに使い出したのだろう。 ・・・その昔、ブラウン管の向こうの人が、横文字を日本語っぽく「言い換え」て使ったのがはじまりで、それを世の人々が「新鮮」で「面白い」と感じたから、いつの間にか世間一般での話し言葉として定着してしまった・・・私にはそう思えてならない。

難波は「なんば」?

「『難波』? そら『なんば』やろ。」

問えば十中八九の人がこう答える。そうだよなぁ、一般的にはそう読むよなぁ。中に「難波」という名字の方がいらっしゃったが、やはり「なんば」さんだった。でも違うのだ。いや、違わない、大阪ミナミにあるのは確かに「なんば」なのだから。でも、尼崎では違うのだ。

東京の新宿区で「新宿」は「しんじゅく」と読むが、大田区では「しんしゅく」というらしく、「にいじゅく」というのが葛飾区にあるそうだ。他に「あらじゅく」と読む地名が川越市にあると聞く。「新宿」と見ると東京新宿区を連想して「しんじゅく」と読んでしまうが、こんなに色々あるのでは、単に「新宿」と書かれたものを見て、うっかり「しんじゅく」と読んでしまうわけにはいかない。

そういえば、こんなのもあった。「原田」である。前後の文脈を考えずに「原田」と見ただけでこれは人名なのだと決めてかかり、それなら読みは「はらだ」であると思い込む。実際これが人名ならば「はらだ」と読むのが一般的だと思うのだが、もしも地名だったとしたらどうだろう。そんな地名、あるわけないやと思うなかれ。なんと「原田」と書く地名が九州に存在していた。我が国で「原田」というのは「鈴木」さんや「佐藤」さん同様、多い名字のうちの一つにあげられるほど人名として馴染みが深いもの。それだけに、その読みも当然「はらだ」なのか思いきや、さにあらず。確か「はるだ」だったと記憶している。どうりでその地を訪ねるために地元の人に「はらだ」と聞いても通じなかったはずである。

地名や人名の読み方はホントに難しい。ところ変われば読みも変わるが、地元や身近にあることなら自然に身に付いていく。「難波」も尼崎を訪れれば「なにわ」と読むと知る。「五五五」もご近所ならば人名で「ごごもり」さんだと自然にわかる。だが、そうでなければなかなか難しい。

難しい地名や人名などをわざわざストックしておく必要はないと思うが、色んなところから知識として吸収し、仕事での言い間違いを避けるためにも、頭の片隅に置いておいたほうがいいとは思う。仕事において言葉の言い間違いは、時として、伝えたい事(ニュースの内容)そのものよりも強く視聴者の印象に残ってしまうことがあるから。伝えたい事をちゃんと伝える為にも、わからない事や疑問に思った事は、その都度調べるようにしたいものだ。

追記:
東京には「江古田」という町名が中野区と練馬区にあるらしく、中野区では「えごた」、練馬区では「えこだ」と読むのだそうだ。
因みに、わたしのケータイorパソコンでは「えこだ」でも「えごた」でも「江古田」と変換される。

陰暦(太陰暦)

【陰暦】
陰暦(いんれき)とは、太陰太陽暦(たいいんたいようれき)=太陰暦(太陰暦)のことで、月の公転期間を基準にした暦法のこと。朔望月をもとにして日を数えるので一年は約354日となり、季節の推移に合わなくなる(イスラム暦がその例)。現在、世界の共通暦となっているグレゴリオ暦(日本では1872年=明治5年に採用し、同年12月3日を1873年1月1日とした)は、太陽暦(太陽の黄道上の運行、すなわち季節の交代する周期=太陽年をもとに作られた暦)の一種で、一年が太陽年とほぼ等しい。

  • 睦月(むつき:陰暦正月の異名。季:春)
    正月には身分の上下なく、また老いも若きもお互いに往来して拝賀し、親族一同集まって娯楽宴する睦び月であるという意が訛って「睦月」になった。
  • 如月(きさらぎ:陰暦二月の異名。季:春)
    「衣更着」とも書き、まだ寒さが残るこの時期は衣を更に重ね着することから「きぬさらにき月」と言ったのが短くなり、この名がついた。
  • 弥生(やよい:陰暦三月の異名。季:春)
    古来から「木草弥生(きくさいやお)い茂る月」つまり草木がいよいよ生い茂る月の意で、「きくさいやおい月」が詰ってヤヨイとなった。
  • 卯月(うづき:陰暦四月の異名。季:夏)
    卯月とは「卯の花月」の略で、卯の花とは初夏の頃に花を咲かせる空木(うつぎ=ユキノシタ科の落葉低木)の花のこと。旧暦でこの時期に咲くことに由来してこの名がついた。
  • 皐月(さつき:陰暦五月の異名。季:夏)
    皐月は早月とも書き、田植えが盛んな時期であることから、早苗を植える月の意で早苗月(さなえづき)と言われていたのが略され、サツキとなった。
  • 水無月(みなづき:陰暦六月の異名。季:夏)
    水を田に注ぎ入れる「水の月」の意(水な月の「な」は格助詞「の」で「水の月」の意)。無は「ない」の意ではなく、本来は水の月の意味であるという説の他、梅雨も終わって水も枯れ尽きるからという説がある。
  • 文月(ふみづき:陰暦七月の異名。季:秋)
    7月7日の七夕行事に、詩歌を牽牛・織女の二星に献じたり、書物を開いて夜気にさらす風習があることからこの名がついた。
  • 葉月(はづき:陰暦八月の異名。季:秋)
    木の葉が紅葉して落ちる月、つまり「葉落ち月」が訛って葉月と呼ばれるようになった。
  • 長月(ながつき:陰暦九月の異名。季:秋)
    「夜長月」の略で、秋の夜長の頃といった意味からこう呼ばれるようになった。
  • 神無月(かんなづき:「かみなづき」の転で陰暦十月の異名。季:冬)
    旧暦の10月には全国の神々が出雲大社に集まり、男女縁結びの相談をするという言い伝えから、この時期には各地の神々が留守になる(神去り月)という信仰に由来してこう呼ばれている。逆に神の集まる出雲国(今の島根県)の陰暦十月の異名は「かみありづき(神在月/神有月)」。
  • 霜月(しもつき:陰暦十一月の異名。季:冬)
    文字通り「霜が降りる月」であるため。
  • 師走(しわす:陰暦十二月の異名。「しはす」とも。季:冬)
    一年の終わりであるこの時期は最も忙しく、師匠といえども趨走(すうそう=ちょこちょこ走る)するので「師趨(しすう)」と呼ばれ、これが師走となった。また、年の極(きわ)まる月の意で「極月(ごくげつ)」、冬至後の第三の戌の日に行う、猟の獲物を先祖や神々にまつる行事のことや年の暮れ、年末のことを臘(ろう)ということから「臘月(ろうげつ)」とも。

ページ移動