記事一覧

結婚式の様式について

●明治以前の日本
婚席に神々が臨在するという考えは中世の床飾りから見られ、江戸中期の貞丈雑記に明文化された。新郎の自宅に身内の者が集まり、高砂の尉と姥の掛け軸を床の間に掛け、鶴亀の置物を飾った島台を置き、その前で盃事をして結婚式をする、いわゆる祝言が行われた。家の床の間は神様が居る神聖な場所で、掛け軸や島台も神さまの拠り所でもある。

●遊郭での擬似結婚
吉原遊郭で遊女と馴染みの客が熊野神社(熊野三山)の熊野誓紙(牛王宝印)3枚に2人の結婚を誓う旨を記載し1枚を神社に収めるという擬似的結婚がなされた。

●神前
この方式の発祥は1900年5月10日の大正天皇のご婚礼で、この模様が全国に伝わり現在の方式が確定した。
具体的な式順としては巫女の先導で新郎新婦、媒酌人、新郎両親、新婦両親、新郎親族、新婦親族の順に入場し、最後に斎主が入場。巫女が式の始まりを宣言、斎主の拝礼に合わせ一堂が起立して神前に礼。禊を行う為、斎主が幣を振って穢れを祓う。一堂は起立したまま軽く頭を下げ、これを受ける。斎主が神前で二人の結婚を神に報告し、神の加護を願う。一堂は起立して頭を下げる。三々九度の杯を交わす。新郎が一の杯を受け、次に新婦がその杯を飲み干す。二の杯は新婦から新郎の順、三の杯は新郎から新婦の順で、どの杯も必ず三口で飲み干す。新郎新婦が神前に進み出て誓いの言葉を読み上げる。新郎が本文を読み、自分の名前の部分は新婦が読む。玉串を神前に捧げ「二拝二柏手一拝」の順で拝礼し、席に下がるときはお互いに背を向けないように内回りで体の向きを変える。新郎新婦に続いて媒酌人、親族代表が玉串を捧げる。両家が親族となった誓いを交わす。両家の親族、新郎新婦、媒酌人が杯を戴く。斎主が式を無事終わらせたことを神に報告し、一拝。一堂は起立して拝礼。その後斎主が祝いの挨拶をし、一堂で拝礼。斎主退場の後、新郎新婦、媒酌人、親族の順に退場。日本の結婚式は神前が1990年代まで最も多く、式の後披露宴に移る。

●仏前
仏に結婚を誓う様式。仏教関係者以外あまり見られない。

●キリスト教
キリスト教の結婚式は、キリスト教徒が神と証人の前で結婚の約束の永遠性を誓うというのが本来の意味である。そのため宗派によっては信徒でなければ結婚式があげられないところや、一定期間教会での結婚講座などに参加した者でないと結婚式をあげさせないところもある。
日本では、キリスト教徒は非常に少数であるにもかかわらず、キリスト教式の挙式を望む者が非常に多い。神前式に比べて華やかでおしゃれ、費用も比較的安く済むということがその理由であり、キリスト教式の式を望む二人のどちらもキリスト教徒ではない場合も多い。このようなニーズを受けて、ホテルなどの結婚式場の方では「キリスト教式」というプランが準備されていることが多い。しかしながら、カトリックとプロテスタントなどの違いを知らずに混乱していることが多いことや、司式する「牧師」が本当の牧師でなくアルバイトの人間であることが多い事実が指摘されている。カトリックの場合は結婚式は基本的にホテルや式場ではなく、教会や聖堂でしか行わなず、教会の記録に司式者名も残されるため、偽者の司祭(助祭)が司式するということはまずありえない。
進行は、主に先に新郎が入場し、新婦がエスコートする者(通常は実父)と共に入場。バージンロードといわれる通路を進み、エスコートする者が新郎に新婦を引き渡す。以下順序等の違いはあるが、賛美歌(聖歌)、聖書の朗読、神の前での誓い、それに対する祝福、結婚誓約書・婚姻簿への記入、指輪の交換、ディスカバリー(場合によっては直後に誓いのキス)、などが行われる。
ブーケトス、ライスシャワー、フラワーシャワー等がキリスト式の結婚式の際に行われることもあるが、これらはヨーロッパなどのさまざまな習慣が取り入れられたもので、本来、キリスト教の結婚式にとって本質的なものでないとされている。

●人前
現在は一般的ではないが、少し昔の日本の結婚式は自宅に親戚縁者を招いて行う人前結婚式がほとんどだった。教会や神前での結婚式のように神仏に結婚を誓うのではなく、両親やその他の親族、親しい友人などの前で結婚を誓うのが現在の人前式と呼ばれる挙式スタイルで、ホテルや結婚式場などで対応している場所も多い。近年、他宗派での挙式を禁じている宗教信者による人前式が多くみられる。挙式の進行は自由で決まったものはないが、立会人(披露宴の中で行う場合はその列席者等)による結婚の承認が行われるのが特徴。

結納(ゆいのう)について

結納(ゆいのう)とは、結婚の確約の儀式。婚約式。両家が親類となって「結」びついたことを祝い、贈り物を「納」め合うということをいい、一般的には新郎家から、新婦家へ、お金と縁起物の品を納める。結納をすませたら「結婚をします」という約束を公に交わしたことになる。他の冠婚葬祭と同様に、地域によってその仕来りは様々。
現在では、格式張った結納を行わず、結婚式・結婚披露宴に先立って新郎新婦の両親や家族と共にする食事会などで、婚約の確認を済ませることも多い。また、仲人を立てないことも多い。



●結納の手順
結納は、地域によって多種多様であるものの、次のような手順で行われるのが正式であるとされている。

1.仲人が新郎家へ赴き、結納品を預かる。
2.仲人が結納品を新婦家へ持参し、手渡す。
3.新婦家で仲人をもてなす。
4.新婦家が仲人へ結納品の受書と結納返し(関東では新婦家からの結納品)を預ける。
5.仲人が新郎家へ結納品の受書と結納返しを持参し、手渡す。

略式には、

  • 仲人と新郎家がそろって新婦家へ赴き、結納品と結納返しの授受を行い、新婦家が饗応する。
  • 新郎家・新婦家・仲人が料亭やホテルなどに一同に会し、結納品と結納返しの授受を行い、会食する方法などがある。 



●結納金
結納金とは、結納の際に新郎家から新婦家へ贈られる金銭である。「御帯料」「小袖料」「帯地料」などと呼ばれる。一般に新郎の給料の2ないし3ヶ月分とされる。
新婦側は、結納金の1割から5割(関東では5割。関西では1割。)にあたる金品を、結納返しとして新郎側へ贈る。「御袴料」(おんはかまりょう)とも呼ばれる。



●結納品
結納品として用いられる物も地域によって多種多様である。結納品にはそれぞれめでたい意味づけがなされている。結納品は水引で豪華に飾られ、一式で数万円から数十万円がかけられる。おおまかに関東と関西でその内容が異なる。結納品の数は5品・7品・9品など奇数とされる。偶数は2で割れることから「別れる」ことに通じるため避けられる。

[関東]
関東では、新郎・新婦とも同格の結納品を用意し、互いに「取り交わす」ものとされる。結納品は一式ずつ一つの白木台に乗せられる。結納金の半額を結納返しとする。結納品自体は関西よりもシンプルな物である。

  • 目録(もくろく):結納品の品名と数量を記載。関東では目録を一品と数える。
  • 長熨斗(ながのし):のしアワビ。長寿をイメージ
  • 金包包(きんぽうづつみ):結納金・結納返しをいれる。結納金は「御帯料」、結納返しは「御袴料」とも。
  • 勝男武士(かつおぶし):鰹節。男性の力強さをイメージ
  • 寿留女(するめ):スルメ。末永く幸せを願うため
  • 子生婦(こんぶ):昆布。子孫繁栄を表す
  • 友白髪(ともしらが):白い麻糸。白髪になるまで夫婦仲良く
  • 末広(すえひろ):白い扇。末広がりの繁栄を願うため
  • 家内喜多留(やなぎだる):酒樽。家庭円満をイメージ

[関西]
関西では、結納品は新郎側から新婦側へ「納める」ものとされる。新郎側は、結納金の1割程度にあたる価格の結納品を用意する。結納品は一品ずつ白木の台に乗せられる。新婦側は新郎側へ、結納金の1割程度の額の金品を結納返しとして贈る。結納品は関東よりも豪華な物となる。家族書・親族書などが付されることもある。

  • 熨斗(のし):関東の「長熨斗」と同じ。
  • 末広(すえひろ) 関東の末広と同じ。
  • 小袖料(こそでりょう):結納金を入れる(京都では「帯地料」、神戸では「宝金」という)。
  • 結美和(ゆびわ):婚約指輪。
  • 高砂(たかさご):尉(じょう。老翁。)と姥(うば。老婆。)の人形。年老いるまで仲睦まじくという意味。
  • 寿留女(するめ):関東と同じ意味。
  • 子生婦(こんぶ):関東と同じ意味。
  • 松魚料(まつうおりょう):関東の「勝男武士」と同じ。
  • 柳樽料(やなぎだるりょう):関東の「家内喜多留」と同じ。

カラオケのヒント

題材:結婚闘魂行進曲『マブダチ』/氣志団

  • 青字を新郎、赤字を新婦のお名前(◯◯ちゃん等)に変えて列席者にいっしょに歌っていただきます。新郎新婦にお子様がいらっしゃる場合は、青字を新婦、赤字をお子様、マブダチを新郎のお名前にします。
  • 氣志団で」を「幸せに」にして歌うことも。

  • 1 三三九度で そこの新郎に告ぐ 迷わず行けよ 男だったら
      合縁奇縁 そこの新婦に告ぐ 行けばわかるさ 手鍋下げても
      二人に贈ります心から “末永く Believe in love”
      三三九度で そこの新郎に告ぐ 愛の神話は 君から始まる
      合縁奇縁 そこの新婦に告ぐ 元気があれば 何でもできる
      二人は誓います心から 同じ墓場まで 愛羅武勇

      ※ 幸せになってくれよな 友よ 俺たちの自慢のマブダチ
        君を愛する誰もが 祈ってる
        幸せにしてもらいなよ 友よ 愛のリングの世界王者
        いつか俺らの番まで 預けておくぜ マブダチ

    2 晴れの門出の 涙目お父さん 心配なさらず シャイなお母さん
      華によろこび 嵐にひた向きに よくぞここまで ご苦労さんです
      二人は誓います心から ジジイとババアになっても
      二人は踊ります氣志団でで シワの数さえも 愛羅武勇

      幸せになってくれよな 友よ 今日だけは俺少し泣ける
      君が愛する誰もが 祝ってる
      幸せになってくれよな 友よ 夜のリングの世界王者
      似合い過ぎだぜ まったく 清々したぜ マブダチ

      ※ くりかえし

      運命の旅がはじまる 運命の旅に出かけよう

    ページ移動