記事一覧

ホットとアイスでコーヒー豆の嵩(かさ)が違うわけ

コーヒー豆を買いに行ったある日のこと。ホット用の豆とアイス用の豆、どちらも200gずつひいてもらったんだけど、袋の大きさが違うのは何故だろう?

聞いてみると、アイスは、酸化して豆が軽くなっているから嵩が高く、ホットはそうでないから同じ200gでもアイスよりも嵩が低くなるんだそうだ。

はじめて入った時、とっても嫌な印象を受けたお店だったけど、ひとつ学び、ちょっぴりトクした気分で店を出て来ることができた。 ささいなコトで “もうけた”と感じてしまう…関西人だからだろうか…聞くところによると関西人は、人と話していて、その会話が、例えば『すてきなシャツね』となったとき、その後にくる言葉は『どこで買ったの?』ではなく『ナンボ(いくら)やったん?』と、すぐに値段のことを言うそうで、思わず、一時期放送されていた関西のオバチャンたちが出てる旅行のCMを連想してしまった。

COMMENTS