記事一覧

「煎豆湯(コーヒー)の由来」

コーヒーとひとくちに言っても色々ある。豆の煎り方から入れ方に至るまで、人によって店によって国によってその方法は多種多様である。 例えば、最近テレビのCMやコンビニ等でよく目にする「カフェ・オレ」と「カフェ・ラテ」、どちらも古くはコーヒー牛乳などと呼んでいた飲み物のように思うけれど、一体どこが違うのだろう…

似て非なるはこの二つなりカフェオレとカフェラテ。とある番組によるとカフェオレに使用しているコーヒーはドリップコーヒーで、カフェラテにはエスプレッソコーヒーを使用しているのだとか。ではその「コーヒー」って一体何? 180円のコーヒー、400円のコーヒー、あるファミレスでは90円、色々あるがどこが違うんだろう。疑問に思い、ある店で店員にどこが違うのか尋ねてみた。すると店員はうつむき、暫し悩んだ後で急に顔をあげて得意そうにこう言った「値段が違うんですよ。」…

昼食後に、コーヒーで一息入れようと、あるビル内を散策していると、いい感じに古びてこの上なく落ち着かせてくれそうなお店が目にとまった。漂ってくるコーヒーの良い香りに誘われて私はそのお店に入った。お店の雰囲気も手伝ってか、そこで飲むコーヒーは他のどこで飲むよりも美味しく感じられた。因みにこちらのコーヒーは1杯350円。このお店で私はある素晴らしい?ものを発見した。以下にご紹介する「煎豆湯(コーヒー)の由来」である。私が思うところの「コーヒーって一体何?」の答えたるものかどうかはさておき、店の、およそ誰も見ないであろう勘定書の裏にこれがしたためられてあるということに私は胸を打たれた。

「煎豆湯(コーヒー)の由来」

大体物の名前というものはコッヒイでもかうひいでもその本名で呼ばれる様になるのにはそのものが多く見られ使用される時代に入ってからの事でありその前には必ず異名やあだ名で呼ばれる。
長崎では南蛮茶とか唐茶といわれたものが珈琲だろうしコーヒーの事を煎豆湯と書かれたのもそれ以前の事である。

遺露留学生「山内作左衛門日記」より

慶応二年1866年二月(英国フリモウ港旅舎にて)
「朝八時過ぎ起きて持ち来られる湯にてうがいして下階に下りる。士官あり、肉を命じて食う。
豆湯コーヒィ、牛乳、鶏肉を食う。味みなよし……。麦酒一陶一シリンダ、盃一杯六遍すなり。」(十二ペンスにて一シリンダなり)

同年三月十四日(露都に入る)
「暁霧深し、朝七つすぎ国都に入る。佳麗なれど仏国に比すべからず。国都もまた川多し、ここに一時ばかり在て車をかえて出る。都を出て後、左右みな松林にて耕地を見ず。今朝煎豆湯一杯啜るのみ空腹にたえがたし」

COMMENTS