記事一覧

カフェーパウリスタ『森のコーヒー』

モルディブ下北沢に続いてhidekichiさんご紹介の『カフェーパウリスタ』。
無農薬栽培天然完熟の“森のコーヒー”は、ほどよい酸味のある、まろやかな飲み口。酸味が苦手だったり、ストロングなコーヒーが好みの人には不向きかもしれないけど、その強過ぎない酸味とまろやかさとやわらかい香りがこのコーヒーの魅力♪

喫茶店のルーツといわれるものにはさまざまなものがあって、どのコーヒー店にも、自分の店を軸にその背景として喫茶店のルーツやコーヒー史などが掲げられていることが多く、カフェーパウリスタも例にもれず、同店のコーヒー史をつづったものが同梱されていた。それによると、日本初の喫茶店といわれる『可否茶館』がわずか数年たらずでなくなった後、日本で喫茶店が定着しはじめた明治35年以降にできた(パウリスタの歴史よりカフェーパウリスタが銀座に誕生したのは大正2年10月)本格的なコーヒーハウスの一つのようで、香り高いこの味わいに歴史を感じる。

hidekichiさんおすすめの『サファリ』は、夏(8月)の“月変わりコーヒー”で、今月注文して、すでに届いて来てるので後日レポートの予定!



全日本コーヒー協会>コーヒー史

COMMENTS