記事一覧

豆の品種はアラビカ種とロブスタ種

コーヒー豆には数えきれないほどの種類(品種)があるが、それらは大きくアラビカ種とロブスタ(カネフォラ)種に分けられ、多くはアラビカ種で、香りも味わいも優れているとされている。一方のロブスタ種は、主にインドネシアやベトナムなどで生産され、ロブ臭と呼ばれる独特のにおいと苦味があり、特に日本では主にインスタントコーヒーなどの原料とされ、一般的にはあまり手に入らないといわれている。

 ・ロブスタ(カネフォラ)種…主にインスタントや缶コーヒーに。
 ・アラビカ種…殆どのレギュラーコーヒーに。

ちなみに、ブルーマウンテンなどの銘柄は、豆の品種によるものではなく、生産国、地域、積出港の名前、栽培されている山などに由来するといわれている。

 ・ブルーマウンテン…栽培されている山
 ・モカ…積出港の名前

COMMENTS