記事一覧

ブルーマウンテン

カリブ海に浮かぶ秋田県ほどの小さな島・ジャマイカ島のブルーマウンテン地区で栽培されたコーヒーがブルーマウンテン。

ブルーマウンテン山麓の標高800m〜1200mの指定地区で栽培されたもので、カリブ海からの湿った空気が山肌にあたり、ブルーマウンテンミストと呼ばれる深い霧が発生し、この霧がコーヒーを強い日差しから守り、乾燥を防いでいる。日中は30℃近く、夜間は15℃前後と気温の寒暖差が激しいことでも知られ、それがコーヒーの実を硬く引き締め、コクや甘さを生み出している。この恵まれた自然環境に加え、厳しい品質管理規定がブルーマウンテンの優れた味覚を生み出しており、この味覚はジャマイカの法律によって守られている。

ブルーマウンテン…香りが高く繊細な味。酸味が強い。収穫量が少なく高価な豆として知られている。

COMMENTS