記事一覧

コーヒーの入れ方

1豆を挽く
 豆の挽き方には、細挽き、中挽き、粗挽きなどいろいろあって、コーヒーの味わい方や味の好み、コーヒーを入れる器具等によって変わって来るので、味の好みやお手持ちの器具等に応じた粒の粗さに挽く。(ネルドリップ式の場合は一般的に中挽きがよいといわれている。)

一般的には、細かく挽くほど湯のあたる面積が広くなるので、色は濃くなり、酸味や苦みが強くなる。逆に粗く挽くと湯のあたる面積が狭くなるので、酸味や苦みが抑えられ、スッキリした味わいになるといわれている。

コーヒーは、挽いて粉にすると、豆の状態の時と比べて酸素にふれる面積が多くなり酸化しやすくなってしまう。酸化が進むとコーヒー本来の味や香りがどんどん失われていってしまうので、コーヒーをいれる直前に挽くのがベスト。
なお、挽いてしまった豆の保存には、酸化を出来るだけ防ぐ(遅らせる)ためにも、冷凍庫に入れておくのがおすすめ。

2コーヒーを入れる
1)豆の挽き方同様、コーヒーの入れ方もいろいろあるが、ネルドリップ式の場合、まず、湯を沸かす。最適といわれる温度は80〜95度。沸騰してから少し冷ましてこの温度にする感じ。

2)用意したコーヒードリップポットに湯を注いで行く
  ・先ず、粉全体に水分が行き渡り、抽出液が落ちるか落ちないか程度の湯を注ぐ。
  ↓
  ・その後、何回かに分けてゆっくり湯を注ぐ。抽出時間の目安は3〜4分(蒸らし時間込)
   3回目以降はコーヒーが落ちきる前に継ぎ足す。
   必要量がサーバーにたまったらドリッパーを外す。

COMMENTS