コーヒーはいかが?がTwitterのコミュに!
詳しくは
こちら


記事一覧

京都:イノダコーヒー

京都のイノダコーヒー、ここのコーヒーがあまりにもおいしくて、帰りがけに、つい買ってしまった(^。^;)
種類が豊富で、一度に全部は買えないので、まずはこの3種類をチョイス。風味を逃したくないので豆のまま購入。
赤い袋が“アラビアの真珠”。深炒りで、ジャーマンブレンドに比べるとほんのり酸味を感じる。
黒い袋が“イノダジャーマンブレンド”。豆が黒々しくて艶やかなことにビックリ!深炒りで風味豊か。酸味はあまりなく苦みとコクがある。これにミルク(or 濃いめの牛乳)を入れるとイノダコーヒー店で飲んだあのおいしいコーヒーのような感じに。豆のひき方でアイスにもエスプレッソにも良さそう。
黄色い袋が“アフリカブレンド”。新商品とのことでけっこう人気みたいだった。味的には、赤い袋と黒い袋の間ぐらいな感じで、比較的飲みやすい。

ここはオンラインショップもあるようなので次はそちらで♪

カフェーパウリスタのアイスコーヒー

カフェーパウリスタのコーヒー。アイスコーヒーもだけど、今回はこのオールド缶が欲しくて注文!

カフェーパウリスタのオールド缶
写真手前の缶は、1909年(明治42年)に、カフェーパウリスタが、ブラジルコーヒーの宣伝発売所として初めて日本でコーヒーを輸入販売した当時使っていたコーヒー缶を復元したもので、写真左の、ちょうど紙パックのアイスコーヒーが入る大きさの紙袋のデザインは、大正時代にチラシとして使われていたもの。
ポルトガル語で『カフェー』は『コーヒー』、『パウリスタ』は『サンパウロっ子』の意。

赤缶『ブラジル』のほうは、酸味もかなり少なく、深めに煎られたコーヒーの味と香りを堪能することができるわたし好みのコーヒー♪ちなみにゴールド缶のほうは『森のコーヒー』。

沖縄:石垣島の「ゴーヤ珈琲」

ゴーヤ珈琲は、石垣島産ゴーヤをブレンドした風味豊かなこだわり珈琲です。』
といわれるように、確かに風味豊かなこだわり珈琲なんだけど、やっぱり苦い(珈琲苦いんじゃなくてゴーヤ独特の苦さ)なぁというのが第一印象。(マイルド珈琲のほうはもう少しまろやかなのかも。)
他の通販サイト等で販売されているゴーヤ珈琲は、ゴーヤの他にローズヒップ等もブレンドされてるみたいで、それは飲んだこと無いけど、ローズヒップが入ってる分、このゴーヤ珈琲よりも飲みやすそうな感じ。

このゴーヤ珈琲は、飲むだけで現代人の食生活の中で不足がちな「ビタミンC」や、ダイエット効果・抗がん作用が期待されている「共役リノレン酸」が手軽に摂取できるそうで、健康によさそう♪
店頭に並んでるのは、挽きたてじゃないぶん香りたつ感じがないのが残念だけど、飲んだ感じ、最初ゴーヤ苦いと思うけど、口当たりも比較的よくて、飲んでるとだんだんゴーヤに慣れて来るのか、その苦さもまたいいなぁと思えて来るからフシギ。ゴーヤの苦さ(というか味)に慣れてる人なら、この珈琲はフツーにおいしいと思うのかも。

カフェーパウリスタ『森のコーヒー』

モルディブ下北沢に続いてhidekichiさんご紹介の『カフェーパウリスタ』。
無農薬栽培天然完熟の“森のコーヒー”は、ほどよい酸味のある、まろやかな飲み口。酸味が苦手だったり、ストロングなコーヒーが好みの人には不向きかもしれないけど、その強過ぎない酸味とまろやかさとやわらかい香りがこのコーヒーの魅力♪

喫茶店のルーツといわれるものにはさまざまなものがあって、どのコーヒー店にも、自分の店を軸にその背景として喫茶店のルーツやコーヒー史などが掲げられていることが多く、カフェーパウリスタも例にもれず、同店のコーヒー史をつづったものが同梱されていた。それによると、日本初の喫茶店といわれる『可否茶館』がわずか数年たらずでなくなった後、日本で喫茶店が定着しはじめた明治35年以降にできた(パウリスタの歴史よりカフェーパウリスタが銀座に誕生したのは大正2年10月)本格的なコーヒーハウスの一つのようで、香り高いこの味わいに歴史を感じる。

hidekichiさんおすすめの『サファリ』は、夏(8月)の“月変わりコーヒー”で、今月注文して、すでに届いて来てるので後日レポートの予定!



全日本コーヒー協会>コーヒー史

ウィルファ・レッドシリーズのコーヒーミル

昨年購入したときに、うれしくてアップした『ウィルファ・レッドシリーズのコーヒーミル』。
あのときは、ウィルファの通信販売というのがあると知らずに、百貨店で購入したんだった。

前々から欲しいと思いつつ買いそびれてたコーヒーミルを購入するきっかけになったのは、いつだったか伊勢へ行ったときに、飲んだコーヒーがほんとにおいしくて、そのコーヒーを買って帰ったはいいけど、挽いてもらうのを忘れて豆のままだったってことだった。
で、ミルが必要になって購入することにしたわけなんだけど、手動式にしようか電動にしようか迷っちゃって…だけど毎日のことだし、めんどくさがり屋のわたしなので、この電動式のを購入することにしたのよね。そうそう、で、あの時、店頭には、ミル付き&圧力で入れるコーヒーメーカーがあって、かなり良さ気で欲しかったんだけど、お値段がなんと約6万円!ということでどう考えても予算外だったので(^^;)見送ったんだった。でも、うちにある、いわゆるレギュラーコーヒーメーカーと違っておいしいコーヒーを入れられるみたいだから、今度買い替えるときは、その圧力式のにしよう思う♪


ページ移動