コーヒーはいかが?がTwitterのコミュに!
詳しくは
こちら


記事一覧

ホンジュラス共和国のコーヒー

去年、いやおととしだったかに加藤珈琲店でやってた3袋セットの“お正月に飲みたい珈琲”のうちの1袋だった「ホンジュラス・ラ・グラナディアエステート 」、おいしいコーヒーだったんだけど、コーヒーの生産国で“ホンジュラス”ってちょっと聞かない国な気がして少し調べてみた。

この国は、1969年に隣国間で「人類史上最もバカバカしい戦争」と言われているらしい“サッカー戦争”なるものを引き起こしたことで有名だそうだからサッカーフリークにはよく知られた国なのかも。1998年のハリケーン災害では、人道援助のため、日本は、国際緊急援助隊として初めてとなる自衛隊の医療部隊を派遣し診察と防疫を行っている。以来、ホンジュラスは親日感情が比較的強い国だと言われるようになったと聞く。
観光地としては、コパン遺跡が有名で、中米のマヤ文明を代表するこの遺跡は、熱帯の高原地帯に栄え、静謐な風貌と穏やかな品位が感じられそうで、カリブ海に浮かぶバイア諸島は、ダイビングスポットとして人気の様子。特にロアタン島はマリン・アクティビティを完備した高級リゾートホテルが多く、日本人旅行者も年々増え続けているとのこと。
カリブ海沿岸はホンジュラスの他地域とはまるっきり異なる文化や生活がある点で興味深いエリアで、ジャングルで生活を続けるミスキートの先住民文化や、ラ・セイバのカーニバルなどで盛り上がるガリフナの黒人文化に触れることができるらしく、歴史的にも観光地としてもとても興味深い国だ。

中南米にある独立国のホンジュラス共和国、その民は、およそ全人口の7%が純粋な先住民とそれ以下の純粋なスペイン系及びその他のヨーロッパ系白人がいて、90%がメスティーソ(先住民とヨーロッパ系白人の混血)、先住民と黒人の混血の少数民族・ガリフナ族が約3%といわれている。
カリブ海でのダイビングなど、観光地としての光景とは打って変わって、国民の生活はというと、人口の約53%が小作農か農園における農業労働者で、その生活レベルは他業種に比べて低く、1993年には人口の40%が失業していて、68〜80%の人が最低生活線以下の暮らしをしている、ニカラグアと並び中米の最貧国であるという。

ホンジュラス共和国は、政治経済をアメリカ資本のバナナ産業に依存してきたため、バナナ共和国とも呼ばれているそうだけど、どこをみてもコーヒーの産地であるとはあまり出てない。けど、この国の付近にはコーヒーの産地としてよく聞くグァテマラやコスタリカなどがあって、わたし的にはコスタリカのコーヒーって好きだったりするし、そう考えると、地理的環境からもこの辺りのコーヒーはおいしいんだって改めて思う。
実際飲んでみて、ここのホンジュラスのコーヒーはほんとにおいしかった。酸味はほとんどなく、まろやかさの中に程よい苦味があって、つるりと喉を通っていく。もう一度飲みたいコーヒーの一つだ。

コーヒーには血栓溶解酵素を活性化させる働きがある?!

血栓溶解酵素というのは、簡単にいうと血栓を溶かす働きをする酵素のことで、血栓というのは、血管を詰まらせてしまう血液の固まりのこと。そしてその中心をなしているのがフィブリン(繊維素)というタンパク質なんだそうで、このフィブリンは、体が正常なときには血液中を流れる線溶酵素がそれを溶かして血栓予防をしてくれるけれど、欧米型の食生活や運動不足、高血圧、ストレス等の要因によって動脈硬化や血栓症が増大する傾向にあると、体内の線溶酵素が不足し、フィブリンを分解することが出来ずに、心筋梗塞や脳梗塞、少し前に話題になったロングフライト症候群などを引き起こしてしまうんだそうだ。

なんとも厄介な血栓。血栓などできないように食生活等で日頃から心がけるべきで、そうしているつもりではあるんだけど、もしも、もしも血栓ができてしまったら、その時はどうしたらいいんだろう?いや、できてしまってからでは“時既に遅し”だろうし、だからこそ、そうなる前に日々の生活の中で気軽に行える予防法みないなものはないだろうかと考えるし、それが無理なく続けられるものならば毎日続けていきたいとも思う。

と、ちょうどそんなとき、コーヒーがそれに一役買っていると聞いた。なんでも、tPA(組織性プラスミノーゲン活性化因子)というのが血栓に吸着して溶かしてくれるんだそうで、コーヒーには、この酵素を活性化する働きがあるというのだ。そう聞くと、コーヒーをよく飲むわが家にあっては、うれしい限りで、実際にどうなのかを早速調べてみることに。

コーヒーはあまり良くないという説と、逆に体に良いという説と、賛否両論あって、もちろん、何事も(例えばお酒も度を超す飲み方をすれば百薬の長なるものもならなくなってしまうように)摂取し過ぎると体に良くないということは言うまでもないけれど、コーヒーの血栓溶解酵素活性への働きについては、倉敷芸術科学大学の須見洋行教授の研究室で行われた、豚の耳の灌流システムを用いてコーヒー成分の血栓溶解酵素活性への影響を調べる実験(全日本コーヒー協会>浜尾朱美のコーヒーヘルシーガイダンスより)で、コーヒーに含まれるコーヒー酸を添加すると、添加しない場合と比較し、明かに血栓溶解酵素が活性化する(つまり、コーヒーに含まれる成分によって血栓を溶かす働きが向上し、血液をサラサラにするための手助けをする)ということがわかっていて、さらに、多くのコーヒー豆の比較実験によれば、その効果はブルーマウンテンの豆で最も高く、何も添加しない場合と比較し、血栓を溶解するその効果は35倍にもなるのだという。

ブルーマウンテンの豆は、比較的値段も高いけれど、須見教授による、豚の耳を用いた実験の結果に近いものがヒトの場合でも得られるのだとしたら、予防とまではいかないまでも、健康のために、これなら毎日無理なく続けられそうだ。
ということで、同じ飲むなら、たしかに高いとは思うけど、これからはブルーマウンテンをメインにしようかなぁと思う今日この頃♪

全日本コーヒー協会
日本血栓止血学会
ミミズから血栓溶解酵素を抽出
JAFRA:日本食品機能研究会>ナットウキナ−ゼの経口投与による血漿中の繊維素溶解活性の増強

森永の「カフェラテ」VSドトールの「カフェフェオレ」

森永の『カフェ・ラ・テ』とドトールの『カフェ・オ・レ』、どちらもおいしいと思うんだけど、う〜ん、わたしはドトールのカフェオレ(2005.7.4発売)派かな

森永のは、まったりしてておいしいんだけど、なんだか缶コーヒーを飲んでるみたいで後口があんまりよくなくて、いわゆる『コンビニの味』という感じ。で、方やドトールのは、口当たりはサラッとさっぱりしてるんだけど、後味が、あぁ!コーヒー牛乳だったっていう感じでコンビニ感はあまりない。
この2本、森永のほうが1本あたり96kcalなのに対して、ドトールのほうは1本あたり、多分113kcalと、カロリーだけみると、低い分、森永に軍配があがるけど、おいしさの観点からするとそうでもないのかも。原材料はというと、ドトールのほうはコーヒーとミルクと砂糖を使ってるのに対して、森永のほうはブドウ糖系の缶コーヒーでよく見る成分がいろいろ書かれていて、そのミルクもドトールは "生乳" を使ってるんだけど、森永はたしか "乳製品" だったように思う。

乳脂肪分が高いほどカロリーも高くなるけど、その分、うま味も増すように思う。コーヒーなどのこの手の飲み物は、好みの問題で人それぞれだから『おいしい』とする基準も違ってくるけど、わたしは、肉も魚もコーヒーも、例えカロリーがちょっと高めでも脂肪分が多いほうがおいしいと思う派。だから、食べるときは、少量でいいからそういうものを食べたいなぁって思う。…後になって、カロリー摂り過ぎたなぁって後悔したりすることもあるけどね(^^;)

「煎豆湯(コーヒー)の由来」

コーヒーとひとくちに言っても色々ある。豆の煎り方から入れ方に至るまで、人によって店によって国によってその方法は多種多様である。 例えば、最近テレビのCMやコンビニ等でよく目にする「カフェ・オレ」と「カフェ・ラテ」、どちらも古くはコーヒー牛乳などと呼んでいた飲み物のように思うけれど、一体どこが違うのだろう…

似て非なるはこの二つなりカフェオレとカフェラテ。とある番組によるとカフェオレに使用しているコーヒーはドリップコーヒーで、カフェラテにはエスプレッソコーヒーを使用しているのだとか。ではその「コーヒー」って一体何? 180円のコーヒー、400円のコーヒー、あるファミレスでは90円、色々あるがどこが違うんだろう。疑問に思い、ある店で店員にどこが違うのか尋ねてみた。すると店員はうつむき、暫し悩んだ後で急に顔をあげて得意そうにこう言った「値段が違うんですよ。」…

昼食後に、コーヒーで一息入れようと、あるビル内を散策していると、いい感じに古びてこの上なく落ち着かせてくれそうなお店が目にとまった。漂ってくるコーヒーの良い香りに誘われて私はそのお店に入った。お店の雰囲気も手伝ってか、そこで飲むコーヒーは他のどこで飲むよりも美味しく感じられた。因みにこちらのコーヒーは1杯350円。このお店で私はある素晴らしい?ものを発見した。以下にご紹介する「煎豆湯(コーヒー)の由来」である。私が思うところの「コーヒーって一体何?」の答えたるものかどうかはさておき、店の、およそ誰も見ないであろう勘定書の裏にこれがしたためられてあるということに私は胸を打たれた。

「煎豆湯(コーヒー)の由来」

大体物の名前というものはコッヒイでもかうひいでもその本名で呼ばれる様になるのにはそのものが多く見られ使用される時代に入ってからの事でありその前には必ず異名やあだ名で呼ばれる。
長崎では南蛮茶とか唐茶といわれたものが珈琲だろうしコーヒーの事を煎豆湯と書かれたのもそれ以前の事である。

遺露留学生「山内作左衛門日記」より

慶応二年1866年二月(英国フリモウ港旅舎にて)
「朝八時過ぎ起きて持ち来られる湯にてうがいして下階に下りる。士官あり、肉を命じて食う。
豆湯コーヒィ、牛乳、鶏肉を食う。味みなよし……。麦酒一陶一シリンダ、盃一杯六遍すなり。」(十二ペンスにて一シリンダなり)

同年三月十四日(露都に入る)
「暁霧深し、朝七つすぎ国都に入る。佳麗なれど仏国に比すべからず。国都もまた川多し、ここに一時ばかり在て車をかえて出る。都を出て後、左右みな松林にて耕地を見ず。今朝煎豆湯一杯啜るのみ空腹にたえがたし」

コーヒーアレンジ・飲み方いろいろ

  • CAFE AU LAIT■カフェ・オ・レ
    コーヒーのカフェインの刺激で眠気が覚めて頭も体も活性化します。飲んでから約2時間は低血圧の人には心拍数を高めて血流を良くし、高血圧の人には毛細血管の拡張作用で血圧を下げる働きがあり、ミルク入りで胃にも優しい。

  • FLAVOR COFFEE■フレーバー・コーヒー
    コーヒーのフラン類という成分に臭いを消す作用があり、ニンニクの消臭にも効果的だといわれます。ミルクを入れると効果がなくなるので是非ブラックで、シナモン、ココア、ペパーミントなどのエッセンスを混ぜて香りがつけられたフレーバー・コーヒーを楽しみたい。

  • COFFEE JELLY■コーヒーゼリー
    コーヒーのカフェインには体脂肪を優先的に燃焼させる働きがあります。また、ゼリーには利尿作用もあります。ミルクの量を控えて低カロリーのダイエットデザートにどうぞ。

  • ESPRESSO■エスプレッソ
    コーヒーのカフェインは胃液の分泌を促し、腸の働きをよくします。ディナーの締めくくりには、消化を助ける濃いめのエスプレッソをどうぞ。

  • CAFE ROYAL■カフェ・ロワイヤル
    ブランデーをしみ込ませた角砂糖に火を付け、青い炎でムードを演出して味わうカフェ・ロワイヤル。コーヒーのカフェインには肝臓の働きを活発にしてアルコールの分解を早め、さらにその老廃物を排出する利尿作用があります。また、コーヒーの香りにはリラクゼーション効果もあるといわれています。二日酔い防止に、また鎮静効果にどうぞ。

ご注意
コーヒーのカフェインは、からだに大切な鉄分を破壊するともいわれていますので、飲み過ぎにはご注意を。また、食後30分以降の飲用をお勧めします。

ページ移動