記事一覧

兵庫県:冬の神鍋・料理民宿『常葉』


料理民宿『常葉』へ行って来た。
前回行ったときは秋祭りシーズンで、雪の季節に行くのははじめて。民宿から「ノーマルタイヤでは来ないでね」って言われてたから、スタットレスに履き替えて行って来た。

タイヤ変えたら、やけにハンドルが軽くて!で、逆にブレーキは甘くなった感じがする。MINIの元々のタイヤが17インチで0気圧でもOKとかいうのだったってこともあってハンドルが重いこととブレーキがキュッっと効くことになれてたから余計にそう感じるのかもしれない。

夕食は、すぐ隣のログハウス“常葉庵”で、ぼたん鍋!これを食べるのが目的のひとつでもあって、かなり寒かったけど、おいしかったし楽しい旅だった(^^)

兵庫県:神鍋高原の料理民宿『常葉』


旧家屋の民宿。靴を脱いで客室に向かうまでの柱に「お客様へ」として「古い家なのでいたわって下さい」と書いてあった。家主の、家に対する思いが伝わって来る。廊下も客室も、歩けばミシミシと、きしむ音がする。確かに古いが暖かみのある家だ。

この民宿の客室には、鍵がない。ここでは鍵など必要ないのだ。なんてのどかなんだろう。「鍵がないけど、大丈夫ですか?」と聞くと、「大丈夫でしょう。…気になりますか?」と逆に聞かれてしまった。出かけるときに戸締まりをすることが当たり前になってるもんだから正直ビックリしたけれど、こうした信頼関係で成り立ってる生活が今でもあるんだということを実感できた。(貴重品はフロントで預かってくれるそうだ。)

旅の楽しみは食べることだったりするわたしにとって、ここの食事も大きな楽しみの一つ。夕食についてのレポートは、こちら

続きを読む

兵庫県:淡路島『ペンション山』


待ちに待った梅雨明け!で、淡路島に海水浴に行くことに♪
今回お世話になったのはこの「ペンション山」。開設されて3年ということでとってもキレイ♪ただ、細かいことをいえば掃除が行き届いてないところもあったし、自然の中にある宿なので、クモ等の虫系にもよく出会うなぁと…けれどそれもまた自然の中にあるこのペンションの良さではないかと思うし、そうしたことをひっくるめて楽しめた。

淡路島での海水浴は初めてだから、ここのオーナーさんにおすすめの海岸を教えてもらって、多賀の浜へ海水浴に行って来た。
ペンションにはドッグランもあるので、海水浴のあとは、ゆっくりお風呂に入って、ドッグランでくつろぐことに。

客室はそんなに広くないけど清潔で過ごしやすい。風呂、トイレは無し。室内では禁酒・禁煙。タバコは2階のリビングで。ケータイは圏外。ドコモのFOMAで圏外だったんだけど、同じドコモのムーバなら場所によってOKなところも。こんな時、デュアルで使ってると便利ネ。

─────── ☆☆☆ ───────

ペンション山
*宿泊できるワンちゃん:小型・中型の室内犬のみ。
*ワンちゃんの入れる場所:お風呂以外館内自由。
*ワンちゃんの食事:無し。要持参。
*ワンちゃんの生活用品:無し。トイレシート等、要持参。
*アメニティグッズ:歯ブラシ、タオル、バスタオル有り。浴衣無し。詳細は要確認。
*車でのアクセス:神戸淡路鳴門自動車道〜淡路IC→淡路IC出口交差点をそのまま道なりに約5キロ(約7分)。

滋賀県:甲賀流忍びの宿『宮乃温泉』


100年の歴史を持つ伝統ある『宮乃温泉』は、民家と田んぼの中にあって、知る人ぞ知る感じの、落ち着いた、風情のある建物だった。
周囲にネオンライトは皆無、琵琶湖までも車で約1時間という感じのところ。夜は静かすぎるくらい静かで、この時期に(一昨日はたまたまかなぁ)エアコン無しでも大丈夫なくらい涼しかった。部屋の明かりに寄って来る蚊や蛾なども、ある意味、田舎の風情を感じさせてくれるものだった。

ペット同伴でのお泊まりは、本館ではなく“はなれ”。パンフレット等にあるイメージよりもかなり古いつくりだったように思う。どの宿に行っても思うことだけど、全室ペットOK(=ペットと一緒に楽しむための宿)じゃなくて、人が泊まる宿の何室かをペットと一緒に泊まれる部屋として解放している場合、その宿での部屋のランクはどうしても下がってしまうのかもしれない。(泊まったこの部屋のインターホン、壁から配線むき出しで接触悪くて繋がらなかったから、夕食の時、飲み物のおかわりとか、わざわざフロントまで言いに行かなきゃだったんだ。宿の人は「ちょっと接触が悪いだけなんだけど、こんなことじゃいけないわね、ちゃんと直しときます」って言ってたけど、客が来る前に直しといて欲しかったよなぁ… まぁ、急に予約したから仕方ないのかもしれないけど、でも、そういう問題じゃないような…)

温泉は、大浴場と露天風呂とある。露天風呂は別料金だけど、幸い、雨も降ってなかったので利用することに。広さを求めるなら大浴場のほうがいいと思うけど、露天風呂だと、大浴場にはない心地いい外の草木の匂いが味わえる。

続きを読む

滋賀県:『琵琶湖ワンワンリゾートホテル』

滋賀県は琵琶湖方面へ遊びに行こうと思って調べてたら、こんなとこがあった。
ここ、実は泊まってないの。施設に話を聞いて、わたしたちのニーズに合わない感じだったからやめたんだけど、珍しいシステムをとってるなぁって思ったのでご紹介。ニーズに合う人には便利でいいかも。

琵琶湖ワンワンリゾードホテルは、リゾートマンションの1室をペットOKにしているらしい。琵琶湖まで歩いてわずか30秒のところにあるっていうのが魅力だったんだけど、現地は無人管理らしくて、予約をすると、宿泊の日までに部屋のキー(鍵)が郵便等で自宅に送られてくるそうだ。で、その鍵で部屋に入れる(泊まれる)ようになるらしいんだけど、だから、例えば“今日電話して明日宿泊”ってのは仮に部屋が空いていても無理なんだそうだ。
リゾートマンションの1室をリゾートホテルとして解放しているわけだから、通常のホテルのようにスタッフが常駐するのも難しいだろうから“無人管理”というのもうなずける。が、鍵が自宅まで郵送されてくるのって、どうなんだろう…?一見親切で便利な気がするけど…何となく不用心な印象も受ける(電話したのが急だったこともあって宿泊は無理だったから、あまり詰めた話しをしなかったので、あくまでもわたしの受けた印象だけどね)。

何度も言うようだけど、マンションの1室をホテルとして解放してるから、泊まる時に“一泊二食付き”等の食事付きプランは無いようす。だけど、近くにフレンチ系レストランがあるらしく、そこのテラス席はペットもOKなんだとか。すぐそこに琵琶湖はあるし、素泊まりだけどニーズに合えば便利かもしれない。

─────── ☆☆☆ ───────

琵琶湖ワンワンリゾードホテル
*宿泊できるワンちゃん:大型・中型・小型犬&ネコ&その他(要確認)
*ワンちゃんの入れる場所:室内のみ。
*ワンちゃんの食事:なし。要持参。
*ワンちゃんの生活用品:要確認。
*アメニティグッズ:要確認。
*車でのアクセス:名神高速道路吹田ICより約90分。

滋賀県のペットと泊まれる宿

ページ移動