記事一覧

京都府:『京都ロイヤルホテル』

京都へはちょこちょこ行くことがあるんだけど、“ペットと泊まれる所”ってことで探すとどうしても郊外になりがち。
繁華街でのワンちゃんとのお泊まりなら、ここがおすすめ。
京都ロイヤル、老舗で素敵なホテル。だけどペットの持ち込みはこれまでダメだった。それが、ペットに関する問い合わせなどの要望に応えてか、つい最近、1室だけだけどOKになったとのことで早速利用してみた。
愛犬と泊まれる宿を紹介している雑誌等にもまだ載ってないんじゃないかと思うので、知っているとワンちゃんと一緒に暮らしている働く人や出張の多い人などの強い味方になってくれそう。
ただ、ペットOKの部屋が1室だけ有る、ということを、あまり大々的にPRしている感じではなかったし、常にあるサービスなのかどうかわからないので、ペットに関しては必ず事前に確認する必要があるだろう。

あくまでも“人の泊まるホテル”という感じだったけど、ワンちゃんをどうしても自宅などに置いて行けなくてやむを得ず、等の事情がある人にはうれしいプラン。だけど、ワンちゃんと泊まる場合は、その部屋などに過度の期待をしない方がいいかもしれない(例えば眺望や内装等がホームページ等にあるタイプと必ずしも同じとは限らないので)。

─────── ☆☆☆ ───────

京都ロイヤル
*宿泊できるワンちゃん:要確認。
*ワンちゃんの入れる場所:ペットOKの客室のみ。
*ワンちゃんの食事:無し。要持参。
*ワンちゃんの生活用品:無し。要持参(トイレシート等忘れずに)。
*アメニティグッズ:有り。詳細は要確認。
*車でのアクセス:京都南インターから出口より国道1号線北行より堀川通りへ堀川御池交差点を右折、河原町御池交差点右折すぐ左手側。

京都府:やまとやホテル『ディ・マーレ』


京都府京丹後市にあるペットと泊まれるホテル、やまとやホテル『ディ・マーレ』に行ってきた。
食事のパターンでお部屋が決まる、珍しいタイプのホテル。写真はホテルのロビー。看板犬がとってもお利口でかわいい。近くには日本海や“離湖”もあって、ワンちゃんとのお散歩にはもってこいのところ。

続きを読む

和歌山県:ログコテージ『パートナーズハウスゆあさ』


先々週末は和歌山県の湯浅にある、バレンシアガ 財布コピーペットと泊まれるログコテージ“パートナーズハウスゆあさ”へ。
ここは厨房以外はどこでもペット=パートナーと利用できる宿。ログコテージは全部で12棟で、元は県の持ち物だったようなんだけど、そのうちの約半数をここのオーナーさんが町興しにと企画されて、パートナーズハウスとして生まれ変わったそうだ。
ちなみに残りの棟は今も県が貸し出ししているらしいけど、そこはペット厳禁の素泊まり施設なんだとか。

ここのドッグランはすっごく広くて、大型犬でもゆうゆう走り回れる!
ログハウス自体はかなり古い感じだけど、一泊二食付きで、ペットのご飯も注文すればいただくことができる。
お風呂は、もちろんログハウスにもユニットバスが付いてるけど、1キロほどクルマで下ったところにある“二の丸温泉”へ行くのがおすすめ!パートナーズハウスの宿泊客は無料で入れるし、そんなに広くはないけど、温泉のお湯がまた滑らかでゆっくり落ち着く。

周囲は山で、コンビ二すら近くにはないけど、それが逆にいい感じ。部屋には小さなキッチンがあるからそこで簡単な夜食なら作れるんじゃないかと思う。でもせっかく出かけてるのに、出かけてまでも食事の支度&後片付けなんてしたくないような気がして…だからこの日の夜食はカップラーメン♪ これならフロントにあるから内線電話1本でお湯を入れて運んできてくれる。
ペットのグッズもいろいろあって、コーヒー好きのわたしはまたもマグカップを購入してしまった(^o^;)
何よりペットと一緒に過ごせるのがうれしい。この日はとっても寒かったんだけど、もう少し暖かくなったら、今度は友達一家&ワンちゃんたちとまた行こうと思う。(実はすでに予約済みだったりする♪)

ここにはワンちゃんの大きさ(体重)に応じて食事の量をセレクトできるメニューが2種類用意されている。どちらも捨てがたくて、夜に鶏レバーを使ったメニュー、で、朝にもう一つのメニュー(自家製チーズを使ったもの)にしてもらうことに。
材料は、国産鶏レバー、国産鶏ムネ、カボチャ、じゃがいも、にんじん、ブロッコリー、自家製鶏ガラスープ、豆乳、無塩パンなど。

続きを読む

和歌山県:南紀白浜『ペンション白浜』


和歌山・南紀白浜でペットと泊まれる「ペンション白浜」。
予約を入れる前に調べてみたんだけど、くわしい画像とか情報があまりなくて、急だし(って、うちのお出かけは思い立ったらスグだからいつも急なんだけどネ(^^;)連休だったこともあって、他にあたってみたところが全部満室状態で、空いてたところがここだったってわけで、今回はこちらにお世話になることに。

部屋はどこもだいたい8畳一間+バス+トイレといった感じみたいで、広くはないが狭くもないかな。でも、押し入れに綿ホコリがあったり、床には前客がこぼしたとおぼしきジュースのあとがベタベタついてたりで、第一印象はあまりよくなかったというのが正直なところ。ただ、ペットOKだし、ここのオーナーさんがとても親しみやすい人で、食事の間もいろいろお話しできたりして楽しかったから結果オーライで良かったんじゃないかと思う♪
ここの、出てくる食事は、朝も晩も、おいしいんだけど、小さな鍋ものとご飯と吸い物以外はどれも冷たくて、その冷たさがおいしさを半減させてしまっているような気がする。地域の特産や名産・名物が出てくるわけではないから、食事そのものを楽しみたいなら、ここで食事をせずにどこか外で食べるほうがいいかもしれない。

・アメニティーグッズ、無し。
・ドライヤー、無し。
・バスタオル、無し。
・浴衣、無し。(←これは有料にて貸し出し有り。)
・ペット用トイレシート等のペットグッズ、無し。
・ペットのお食事、無し。

と、“無し”づくしなんだけど、テレビや冷蔵庫や暖房ヒーターやこたつなど、廊下には昔懐かしの“インベーダーゲーム”も有るし、気さくなご主人(オーナーさん)と地元の話題や世間話などを楽しみながらペットと一緒に気軽にお泊まりするなら、案外いいかもしれない。が、頑丈なホテル等と違って、他の部屋のワンちゃんの鳴き声が響いてくるもんで、ちびたもその声に反応して夜中キャンキャンいってたから…う〜ん、善し悪しなのかもだなぁ。
でもね、
お部屋にはポケットティッシュを入れる手づくりの箱がセッティングしてあるんだけど、その箱はこのペンションの奥さんの手づくりなんだそうで、精算時にペンションのタオルと一緒に手づくりのポケットティッシュボックスをお土産に持たせてくれる。車で行ってもOKだし、すぐ近くに海もあるし、小さいところならではの楽しみもあって考えようによってはいいのかも♪

─────── ☆☆☆ ───────

ペンション白浜
*宿泊できるワンちゃん:室内犬。要確認
*ワンちゃんの入れる場所:客室、廊下、食堂(兼ロビー?!)。
*ワンちゃんの食事:無し。
*ワンちゃんの生活用品:無し。
*アメニティグッズ:無し。(浴衣は有料にて貸し出し有り)

ページ移動