記事一覧

和歌山県:南紀白浜


今回は和歌山県の白浜へ。
少しずつ暖かくなりつつあるとはいえ、まだまだ寒い。寒いときに寒いところへ行くというのも魅力的で好きなのだけれど、クルマでの旅行でもあるし、雪とはなるべく縁遠いところへということで、日本海側を避けて和歌山県の方へ足をのばした。

和歌山、白浜といえば何と言っても“夏”のイメージで、海水浴にこそ行くことはあってもなかなか冬にでかけることはない。が、今回、冬の和歌山の海をみて思った、なんて美しいんだ!って!
夏にジェットスキーなどで遊ぶのは楽しいけど、海はあまりきれいなイメージがなかったもんだから、海自体にあまり期待はしてなかったんだけど、これが予想以上にいれいなんで驚いた!

和歌山の海がこんなにも透き通ってきれいだったなんて!!
海風は凍てつくように冷たいけれど、冬の海はほんとに美しい。日本海ほどに荒れてなくてどことなく穏やかで。

この土日は天気も良くて、出かけるには持ってこいだったんだけど、今回のお出かけで良かったのは、この“冬の海”とセスナの“遊覧飛行”だけだったかな…。だって、行こうと思ってた“ハマブランカ”っていうペット同伴OKの広大な温室は昨年10月頃にすでにつぶれちゃってるし、サンシャイン牧場(こちらもペット同伴OK)での苺狩りもすでに予約がいっぱいだとかで断られちゃったし…

週末の、長くて一泊の気ままな旅なので泊まるとこ以外に特に前もって予約なんていつもしないんだけど、今回は寒いうえにキャンセルってことで、さすがのわたしもちょっとメゲてしまった( ̄ー ̄*)qq(゜ー゜;)

写真は、セスナで遊覧飛行した時にセスナから撮った和歌山県。

兵庫県:宝塚「ガーデンフィールズ」


宝塚ファミリーランド(遊園地)ジバンシー 財布コピーの跡地にできたワンコと一緒に楽しめるテーマパーク。パークの後方に見える茶色いお城の屋根みたいなのが「宝塚大劇場」の一部。

ここはショップもレストランも充実してて、天気がよかったら一日中でも楽しめそう♪だけど、ここのドッグ・ランは入場するのに予防接種(混合ワクチン)と狂犬病の注射をちゃんと済ませてますっていう証明書が必要で…証明書を持って行ってなかったわたしたちは結局ドッグ・ランへは入場できなくて…仕方なくこのシャネル コート コピー日はショップ&レストランで過ごすことに。
ドッグ・ランに入らないと時間が妙に余っちゃって、ちびたのおやつとか服とか、やたらと買い込んでしまった。

兵庫県:神戸ポートタワーで初日の出を


初日の出…子供の頃に父と一緒に大阪城で拝んで以来、ずっと見てない。

神戸のシンボル、神戸ポートタワーは、初日の出を見たい!という人たちのために、元旦は早朝6:30から(要確認!)開いているそうだ。
残念ながら予報ではあまり天気は良くなさそうなんだけど、早起きできそうなら、年の初めにポートタワーから日の出を拝むのもいいかもしれない。(わんこ連れでタワーに登れるかどうかは未確認。)

兵庫県:摩耶ビューライン“夢散歩”

摩耶ケーブルで掬星台へ。
わんちゃんはバッグに入れて同乗♪

摩耶ケーブルとロープウェイを乗り継いで摩耶山へ。
昨日の山頂はかなり寒くて、ゆっくり散歩するどころじゃなかったんだけど、雨上がりだからか空気は澄んでいて気持ち良かった。
摩耶ケーブルは、29度という日本でも数少ない急な斜面を登って行く。ロープウェイに乗り換えてからは色付きはじめた山々や神戸の街を眼下に見ることができる。けど、ついこないだまで半袖でも大丈夫なくらい暖かかったから紅葉にはまだ少し早かったかな。

掬星台からの眺めは、これまた最高で、よく行く六甲山からの眺めよりもよかったかもしれない!
向こうのほうにはもうじき開港予定の神戸空港が見える。神戸空港には賛否両論あるけど、こうして客観的に眺めるぶんには、いい感じ♪
摩耶山には他にも見所いろいろあるみたいだし、ず〜っと歩いて行くと六甲山牧場にたどりつけそうな感じで、散歩するにも深呼吸するにもほんとにいいところ。この次は身仕度しっかりして出かけようと思う。そのときは電車で。(今回はクルマで行ったんだけど摩耶ケーブル駅周辺は住宅街でパーキングがなくて、ケーブル駅に行くまでに疲れちゃったから(;^_^ 摩耶ケーブル駅には電車やバスも連絡してるみたいだから公共機関やタクシーを利用するのが得策かも。)

兵庫県:淡路島の「うず潮クルージング」

淡路島の福良港から大鳴門橋の下へ、うず潮を見に行って来た。
うず潮は、行けばいつでも見られるってもんじゃないらしいから、この日も潮が渦をまくところに出会えるかどうか心配だったけど、春と秋に多く見られるらしく、うまく観潮することができてラッキーだった。

鳴門海峡のうず潮は、約6時間ごとにおこる潮の干満によって生じる現象で、潮が高い海から低い海へ流れる時に渦をまく激流となり、潮流時速は30km、うずの大きさは大きいもので30mに達することもあるという。

ページ移動