記事一覧

滋賀県:びわ湖バレイ


滋賀県は『びわ湖バレイ』へ。
地図でみるとびわ湖って "湖" ってくらいだから小さいのかと思いきや、さにあらずで、海かと思うぐらいに大きい。

海みたいに広いけど、湖だから、夏に海水浴(…とは言わないかなぁ…湖だもんね)しても海水みたいにベタつかないし、水も塩っぱくない。川ほど流れもないし、湖の周辺も穏やかで休暇を過ごすにはいいところだ。
で、そのびわ湖の上の方にあるのが "びわ湖バレイ"。要するに "山" なんだけど、自然がいっぱいで、家族連れやペット連れには最適なところ♪
ワンちゃんOKなので、山頂までのゴンドラに乗るのにも、ワンちゃん料金300円がいるんだけど、飼い主へのご注意書とワンちゃんのウ○チ処理用ポケットティッシュ&紙製ゴミ袋がセットになった「ワンちゃんセット」がもらえる。

ワンちゃんを連れて歩くときは、わたしも含めて大抵の飼い主がこの手の糞処理用具を持参してると思うんだけど、こんなふうにチケット売り場でサービスしてくれる心遣いはすごくうれしい。大阪の府民牧場や兵庫のグリーンピア三木など、ペットはNGってとこが多いから、こうして、OKですよって言ってもらえるところってのは、数少ないだけにうれしいし、楽しい。

兵庫県:日本海を臨む『竹野海岸』


竹野海岸へ海水浴!

週末、兵庫県の日本海側にある "竹野海岸" に行って来た。天気予報では雨マークが出てたけど、なんのなんの、快晴でまさに海水浴日和だった。
毎年7月30日はこの竹野海岸の花火大会の日なんだそうで、午前中はまばらだった人影も午後にはかなり増えて "行楽" 気分も盛り上がった♪

海は最高にキレイ!!! 沖縄の海もほんとにきれいだったけど、ここも勝るとも劣らない美しさだった!(午後は人だらけでかなり濁っちゃってたけど。)神戸にいると瀬戸内海は身近なんだけど日本海ってちょっと遠いから気合い入れなきゃ行けなくて…でも早起きしてお弁当つくって行ったかいがあった♪

泳いだりボートに乗ったりと調子にのって遊んでたもんでメチャクチャ日に焼けちゃって、今も背中が真っ赤でヒリヒリしてる(>_<)日焼け止めバッチリぬったから大丈夫って思ってたんだけど…失敗でした。

兵庫県:三田(さんだ)・永澤寺の花しょうぶ園

兵庫県は三田市にある永澤寺(ようたくじ)の花菖蒲園に行ってきた。
梅雨というのに雨の降らない関西では暑い毎日が続いている。
この日もかなり暑くて、日中に園内を歩いていると頭がボーっとしてきた。
暑かったし日にも焼けちゃったけど、見ごろの今、見たかった菖蒲を見ることができたので満足満足♪

このあたりには応安(1370年頃)の昔から「ノハナショウブ」が自生していたらしく、当時から、毎年花の咲くころにはたくさんの人がこの寺を訪れていたそうだ。

京都府:綾部の『あやべ温泉』


京都・綾部のあやべ温泉へ。

いやぁ参った すごい雪(☆。☆)
神戸は六甲颪がある分大阪よりちょっと寒いから雪も降るけど、市街ではこんなに積もらないから久しぶりに雪に感動しました!!
愛犬は今回お留守番なので“ペットとお出かけ”ではないんだけど、温泉等以外ならワンコOKのところもありそうなので次回は一緒に行きたいと思う。

写真は、あやべ温泉・二王館のレストランからの眺め。山も民家も雪化粧しててとてもきれい!!
温泉の露天風呂からもこれと同じ景色を望むことができて、夕暮れ時はまた格別。少し黄色く濁ったお湯でちょっとヌルッとする感じの温泉だったんだけど、その泉質はナトリウム─炭酸水素塩泉で、神経痛、関節痛、慢性消化器病、慢性皮膚病、冷え性などに効くとのこと。体にいいと聞くとついつい浸かり過ぎて…案の定のぼせてしまいました(^^;)

夕食はお目当てのぼたん鍋。肉は100%地元産の猪だそうで、わりに脂身のとこも多かったんだけどそんなにこってりしてなくてお酒にもよく合ってほんとに美味しかった。味噌仕立てのだしがまたまろやかで、猪を煮込むほどにコクが出てきて、最後はうどんでシメました(^o^)
この日のお酒は珍しく日本酒。「リオン」というお酒で白ワインのような味わいで、アルコール分8%ということもあって女性に人気らしくて食前酒にも使われてた。

朝食はどこにでもある一般的な旅館の朝食でした。湯豆腐の豆腐も、おいしいんだけど、そないにめちゃめちゃウマイ!ってこともなかったし、白飯もふつうより少し軟らかめに炊いてあった。
最初はぼたん鍋を食べに丹波篠山へ!のはずだったんだけど猪は今がシーズンらしくてどこも満杯で… でも綾部の猪、おいしかったしまた行きたいって思う。周囲に気の利いたレジャー施設や観光スポットがたくさんあるわけじゃないけど、のんびりできる。

この旅館から約2キロ先に君尾山の雲海を望むところがあるらしい。今回は残念ながら都合で行くことができなかったけど、次の回にはぜひ訪れたいと思う。

ページ移動