ワインdiary - ロマネコンティが高いわけ

記事一覧

ロマネコンティが高いわけ

ロマネコンティのワインが高価なのは、小さな畑からつくるので少量しか生産できないからということもあるが、サントリーなどに卸すときに、それ(ロマネコンティ)単独ではなく必ず他のものもセットにして買わせているからだという。
だからロマネコンティを仕入れるためには、何千のも他の製品と抱き合わせで買わなくてはいけない。で、トータルでいくら、という具合に買って、その買ったワインに値を付けていくのだそうだ。
抱き合わせで買ったほかのワインに少し上乗せして値段をつければ、ロマネコンティがここまで高くなることはないんだろうけど、もともと安価なワインに法外な値段をつけるわけにはいかないので、結局ロマネコンティが高くなってしまう。

ソムリエと呼ばれる人たちはスゴイ。
確かに 1,000円の商品を売るためには1,000円分の知識があれば十分だが、1,000円分の知識で10,000円の商品は売れない。し、売るべきではないだろう。
高価なワインになるほど、客はそのワインのことやワインについての雑学みたいなものを知りたがる。ソムリエは、客のその欲望も満たすことができなければ務まらない。

勿論、大変なのはソムリエに限らない。あらゆる仕事、商売、家事など、働く人たちはそれぞれにみな大変で、その職種職種での苦労がある。

COMMENTS