ワインdiary - 貴腐ワインとは

記事一覧

貴腐ワインとは

貴腐ワインとは、ぶどうの果皮を浸食する一種のカビが繁殖し、ぶどうからは水分が失われて果汁が濃縮し、非常に糖度が高くなることから生まれるワインのことで、この果汁から造られる極甘口のワインが貴腐ワインと呼ばれるもの。

貴腐ワインの蜂蜜のような香りと気品ある甘美な味わいは、歴史上の名立たる人物をも魅了してきたといわれている。ある貴腐ワインを口にしたオーストリアのマリア・テレジア女王(マリー・アントワネットの母)は「このワインには金が溶け込んでいるのね」と感動をし、ルイ14世は「ワインの王にして王のワイン」であると絶賛したと言われている。

サン・クロワ・デュ・モント、ルピアック、セロンの3種は、ボルドー貴腐ワインの銘醸地としてあげられるとのこと。

貴腐ワインについて

COMMENTS