ワインdiary

記事一覧

ワイン:ナバエルス 2007

ワインバーへ。

酸味控えめでまろやかでフルーティーなワインを、とお願いして、出していただいた中からチョイスした1本。2007年ので少し固い感じがあってデカンタへ移してゆっくり楽しむことに。

生産者ボデガ・イヌリエータのセカンドラベルで12ヶ月間オーク樽で熟成させ、さらにその後12ヶ月間瓶熟させてあるというこのワイン。飲むよりも香りをずっと楽しんでいたくなるようなワインで、だけどその香りほど甘くなく、まったりとまろやかな飲み口のワイン。時の経過とともにコクと深みを伴って、食事のあと、ワインだけでも楽しめる感じ。
そんなに重たくない1本。なので、この後に飲むのは、タンニンの効いた少し重めのワインがいいかも。

ワイン:Navaelus 2007
タイプ:赤、ミディアムボディ
産地:スペイン
等級:D.O.
葡萄品種:カベルネ・ソーウ゛ィニヨン50%、メルロー50%
生産者:ボデガ・イヌリエータ

おたる特撰ナイヤガラ2006

北海道産葡萄100%使用の生葡萄酒。究極のナイヤガラを造ろうと、最も糖度の高い葡萄の果汁を氷結凝縮して造られたワイン。葡萄の香りが強くて白ワインらしく甘い。これだけの甘さが天然のもので出せるなんて北海道産ならではなのかも。(冷やして飲むべきを、いつもの赤ワインの時の癖で、つい常温のままで飲んでしまったから、余計に甘く感じちゃったかな。)常温でも十分おいしかったんだけど、冷やして飲むと更においしかったんじゃないかと思うと、ちょっと残念。

アルコール分は8%と、そんなにキツくないので、好きな人ならジュース感覚でゴクゴク飲めそう。



ワイン:おたる特撰ナイヤガラ2006
タイプ:白(甘口)
産地:日本・北海道

TORRES SANGRE DE TORO 2005

TORRES SANGRE DE TORO 2005。その名「サングレ デ トロ」は「牡牛の子」とも呼ばれる酒の神「バッカス」に因んでいるといわれている。
トレース社のあるスペインへ行くと自動車専用道路(高速道路)の脇に、点々とTORRESのトレードマークの闘牛の巨大な看板が立っているそうだが、そのトレードマークの闘牛がワインのボトルにぶら下がっているのが楽しい。
お手頃価格だしフルーティな味わいで、ミディアムボディだったこともあってか飲みやすく感じた。

ワイン:TORRES SANGRE DE TORO トレース サングレ デ トロ 2005
タイプ:ミディアムボディ、赤
産地:スペイン・カタルーニャ地方

トレース社
トーレスの本拠地はスペインの古都・バルセロナの近郊にあるペネデス。トーレス家はこのペネデスに葡萄畑を所有し、現在ではスペインの代表的なトップ・ワイナリーである。スペイン産を使ったものやフランス産のピノワール種とスペイン産のテンプラニーヨを合わせて使うなど、新しい味わいの創造に挑戦している。

LINCOURT PINOT NOIR 2005

これはまた、あっさりしたワイン!深みに欠ける感じだけど、サラッとした口当たりでとても飲みやすい。
2月に、いつも行くイタリアンのお店でいただいた1本目のワイン。

リンコート・ヴィニャードにおけるゴールは、サンタバーバラの理想的な葡萄栽培条件を示すワインを造ることだという。サンタバーバラの一年を通しての温和な気候、長く乾燥した生長期間、土壌の多様性によって、秀逸な風味、深み、特徴を持つワインを造りだすことができるのだとか。

ワイン:ピノ・ノワール 2005
タイプ:赤、フルボディ
産地:カリフォルニア


デ・ヴォール・ピノタージュ

2年ぐらい前に買っておいたもの。しばらく寝かせておいたからってわけでもないと思うけど、ワインの年が若いわりには‘まろみ’を帯びた感じがして、エレガントかつ柔らかだった。
ピノタージュ最古の生産者によるもので、平均樹齢は40年。樽熟成15ヵ月(新樽100%)。ピノタージュのマスターピースとも呼ばれる南アフリカ最高のピノタージュの1本。定温コンテナ輸入。

ワイン:デ・ヴォール・ピノタージュ 2002
タイプ:赤、フルボディ、アルコール度数13.5%
産地:南アフリカ共和国原産。

飲みごろは18℃らしいんだけど、この冬は一段と寒いからワインの温度もたぶんもっと低くなってたんじゃないかと思う。梅雨や蒸し暑い夏を通ってきてるのに、品質がそれに左右された感じはあまりしなくて、とてもおいしくいただけた♪


ページ移動