ワインdiary

記事一覧

純米酒「船中八策」と坂本龍馬の「船中八策」

“坂本龍馬が船の中で考えた八つの策”が「船中八策」で、幕末当時に龍馬が掲げた「日本の洗濯」の根幹とも言うべきもの。そしてそれがこの酒の名の由来。土佐の純米酒「船中八策」はキレのいい超辛口で料理との相性も抜群!

普段、飲むといえばワインが多いわたしだけど、寿司屋に行くと日本酒だったりする。それも辛口の。
「船中八策」は、その寿司屋の大将のおすすめ(辛口好きな人へのおすすめ)で、飲んでみるとこれがおいしくて! 以来、日本酒なら「船中八策」なわたし。
ワイン同様日本酒も、飲むためのものとして(料理と一緒にではなく)の好みのタイプといえば、割と甘口でまろやかなものだったりするんだけど、食事にあう飲み物となると、甘ったるいよりもちょっと渋め(なワイン)だったり辛口(な日本酒)だったりするほうがおいしいと思う派なので、この「船中八策」は最適♪

坂本龍馬の「船中八策」
幕末期、薩長連合が成立して西南雄藩の力を討幕に向けて結集し、新しい統一国家日本を生む基盤が作られた。慶応3年(1867)6月9日、いろは丸事件を解決した坂本龍馬は、後藤象二郎と共に土佐藩船・夕顔で、長崎から兵庫へ向かった。その船中で龍馬は、新しい国家体制について、その持論とする大政奉還、無血革命を実現すべく、同乗の後藤に示し、それを、側にいた海援隊文司の長岡謙吉が簡潔に書きとった。この時龍馬は、幕府に政権を返上させ、天皇を中心とした統一国家を作るために、八つの条項が必要と考えた。これは横井小楠の「国是七条」の思想を色濃く反映したもので、内容は大政奉還論と、その後の政策案で、これを「船中八策(せんちゅうはっさく)」と言う。八つの策は以下の通り。

  • 第一策 天下の政権を朝廷に奉還(ほうかん)せしめ、政令(せいれい)よろしく朝廷より出づべき事。
  • 第二策 上下議政局を設け、議員を置き、万機(ばんき)を参賛(さんさん)せしめ、万機よろしく公議に決すべき事。
  • 第三策 有材の公卿(くぎょう)・諸侯、および天下の人材を顧問に備え、官爵(かんしゃく)を賜(たま)い、よろしく従来有名無実(ゆうめいむじつ)の官を除くべき事。
  • 第四策 外国の交際、広く公議を採り、新(あら)たに至当(しとう)の規約を立つべき事。
  • 第五策 古来の律令(りつりょう)を折衷(せっちゅう)し、新たに無窮(むきゅう)の大典(たいてん)を選定すべき事。
  • 第六策 海軍よろしく拡張すべき事。
  • 第七策 御親兵(ごしんぺい)を置き、帝都を守護せしむる事。
  • 第八策 金銀物価、よろしく外国と平均の法を設くべき事。

以上八策は、方今(ほうこん)天下の形勢を察し、之(これ)を宇内(うだい)万国に徴(ちょう)するに、之を捨て他に済時の急務あるなし。苟(いやしく)も此(この)数策を断行せば、皇運(こううん)を挽回し、国勢を拡張し、万国と並立するも、亦敢(あえ)て難(かた)しとせず。伏(ふし)て願(ねがわ)くは、公明正大の道理に基(もとづ)き、一大英断を以(もっ)て天下と更始(こうし)一新せん。

その後、二人は6月12日兵庫に上陸し、14日には後藤象二郎が京都に入り、同夜遅くには藩論としてまとめ上げて、翌15日に成案を得た。そして10月3日には、これを基にした大政奉還の建白書が幕府に提出された。この船中八策は、後に明治新政府の大方針を示す「五箇条の御誓文」へと繋がっていき、新政府樹立後の国政の指標となった。

沖縄の『オリオンビール』

沖縄のオリオンビール
太陽が燦々と降り注ぐ暑い日には、冷え冷えのビールが最高!この日の夜の宴会では瓶のオリオンビールが出たんだけど、昼間に太陽の下で飲んだからか、瓶よりも缶のこのビールのほうがおいしく感じた。

前回沖縄を訪れた時に飲んだ石垣島の地ビールは、オリオンビールよりもマイルドな感じでわりと飲みやすかったんだけど、暑い日に外で飲むなら、石垣島の地ビールよりもドライな感じのオリオンビールがいいかも♪

オリオンビールについて
現在非上場のオリオンビール株式会社は、日本の大手ビールメーカーの一つで、アメリカ合衆国統治下の1957年(昭和32年)5月18日に名護町(現在の名護市)で沖縄ビール株式会社として設立。1959年に生産が開始され、ブランド名は当初から「オリオンビール」で、社名も同年6月に「オリオンビール」に変更している。ビールのブランドである「オリオンドラフト」を指して「オリオンビール」と称することもある。
日本のビール大手5社(麒麟麦酒・アサヒビール・サッポロビール・サントリー・オリオンビール)中のシェアは圧倒的最下位(0.9%)だが、地元沖縄県に限れば最大のシェアを誇り、いわば「県民ビール」ともいうべき特異な存在として定着している。沖縄県内シェアは、オリオンビールによれば55~56%(2003年度実績、アサヒビール委託分を除く)。2002年に大株主でもあるアサヒビールと提携関係を結び、現在は、オリオンビールが沖縄消費分のアサヒビール製品を生産し、アサヒビールが沖縄県外(奄美諸島を除く)でのオリオンビールの販売を行うようになっている。(ウィキペディアより)

沖縄・石垣島の古酒43度『いりおもて』

八重山銘酒、請福(せいふく)酒造の琉球泡盛『いりおもて』。

東洋のブランデーと呼ばれ、琉球王朝時代には薬用酒として日本国に献上されていたといわれる泡盛だけど、泡盛というと、かなりキツくて飲みにくい感じだから今まであまり進んで飲むことはなかった。それが、この泡盛を飲んだ途端、考え方が一変した。

社員旅行の二日目、午前中は西表島を観光したんだけど、由布島へ行く前に小さなバスターミナルに立ち寄った。トイレ休憩だけのつもりが、ここにしかないというお土産物がけっこうあって、試飲試食しながら、ついつい見入ってしまった。

この泡盛『いりおもて』もその一つで、試飲してみると、これが思いのほか飲みやすくてビックリ!ほんのり甘くてまろやかで、43度とは思えないほど。試飲用のお酒の側には黒糖(試食)がおいてあって、お店の人いわく、その黒糖をちょっぴり口に含んで、この『いりおもて』をストレートでキュッとやるのがこの泡盛のウマい飲み方なんだそうだ。通常、泡盛といえばロックや水割り等で飲まれることが多いけれど、この泡盛は、43度でキツいんだけどコクがあってまろやかだからストレートでも全然気にならなくて(飲みにくくなくて)、それどころかほんとにおいしい!と感じた。
『いりおもて』は、西表島にしかないとのことで、そう言われると、これは買っとかなきゃ!という気になってしまって思わず買っちゃったけど、あとで検索してみたらネット通販でも手に入るモノだったのね。

古酒『いりおもて』が西表島にしかないわけ
それは、西表島の水が仕込み水に使われているから。
『いりおもて』は他でも(例えばネットでも)手に入るけど、『いりおもて』の仕込みに使われる西表島の水は西表島にしかないものね。
聞くところによると、西表島には酒屋(酒造所)が一軒もないらしく(そういえば西表島にはタバコ屋もタバコの自販機も船の待合所等にはなく集落まで行かなくちゃならないらしい)、この『いりおもて』を製造している石垣島の請福酒造は、西表島の人たちからの、自分たちの島の水を使った泡盛を作ってほしいという依頼を受けて、この泡盛を造ったんだそうだ。
ほんのり甘みを感じるという西表島に湧き出る水を使って造られた『いりおもて』だからこそ、この泡盛を口にすると、ほのかに甘みを感じるのかもしれない。仕込み方は、請福酒造の「自然仕込み」と変わらないそうだが、珈琲が、入れる水によって味が変わるように、酒も水が違えば味も異なるものなのだと改めて感じた。
『いりおもて』には、この43度のものの他に度数の低いものもある。ちなみに、請福酒造の『請福』という銘柄の泡盛も、とても飲みやすくて、ホテルの宴会でも出て来てた。石垣島内で行ってみた居酒屋やスナック等にも『請福』は置いてあって、店の人の話によると、『請福』はポピュラーなものらしく、それと並んで『八重泉』も飲みやすくて人気だとのことだった。

ページ移動

  • « PREV
  • MAIN
  • NEXT »