ワインdiary - フランスワインの等級

記事一覧

フランスワインの等級

フランスで造られるワインは、すべてECの規定に従ったフランス独自のワイン法のもとに4つのカテゴリーに等級分類されている。ワイン法は、葡萄の原産地を基準に制定されていて、原料となる葡萄品種もほとんどは産地によって土地柄に適したものが栽培されているので、ラベル上の生産地を見れば、ワインの品質がある程度わかるという。

  • A.O.C.
    原産地管理呼称最高クラスワイン。原産地・産出方法・葡萄の品種・産出量を保証するもの。ラベルに「Appellation 原産地名 Controlee」の語句が表示されている。
  • V.D.Q.S.
    質指定ワイン。原産地・産出方法・葡萄の品種・最低アルコール度数・生産量の規定があるが、A.O.C.よりはゆるやかな規定。
  • Vin de Pays
    地方ワイン。原産地が限定された地酒とも言えるワイン。

COMMENTS

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
アイコン
アイコン一覧
削除キー
投稿キー
投稿キーには「967j」と入力して下さい。(スパム対策)