ワインdiary - MASSETO 2001

記事一覧

MASSETO 2001

5月半ば、監査が終わって、会計士さんも一緒に行ったイタリアンのお店で飲んだ2本目のワイン。
1本目のワインと比べると(1本目のワインもそれはそれでおいしかったんだけど)、メルロ100%の、トスカーナを代表するメルロワインの最高峰ともいわれるもので、長年海外へ輸出されることがなく、幻のイタリアワインといわれるだけあって、ギュッと詰まった、凝縮された深みのある葡萄のおいしさが堪能できた。瓶からそのままでも十分おいしいかったけれど、デカンタに移していただいたので、更にまろみを増した味わいを楽しめた。

テヌータ・デル・オルネライアは、1981年にイタリアのトスカーナ・ボルゲリ地区に設立したワイナリーで(瓶の後ろのラベルにオルネライアの地図有り)、当時から素晴らしいワインを造っていたテヌータ・サン・グイードのサッシカイアを目標にしていたと言われており、90年代には、サッシカイア、ソライアと共に、スーパートスカーナと言われもてはやされていた。その中で、この『MASSETO』は、ワインスペクテイター誌で、2001年ヴィンテージが100点満点(2004年の“ワインスペクテイターTOP100”では、第6位)であったという。また、メルロ種で、フランス・ボルドーはポムロール地区の最高品質のワインといわれる『シャトー・ぺトリュス』と比較試飲を行い、「一歩も引くことの無い、最高の仕上がり」と絶賛されたそうだ。
なお、MASSETOと名の付くワインの1stビンテージは1987年。

ワイン:マセット(マッセートとも)2001
生産者:テヌータ・デル・オルネライア
タイプ:フルボディ、赤
産地:イタリア、トスカーナのボルゲリ地区
等級:I.G.T.
葡萄品種:メルロ100%

COMMENTS

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
アイコン
アイコン一覧
削除キー
投稿キー
投稿キーには「967j」と入力して下さい。(スパム対策)