ワインdiary

記事一覧

MESSORIO メッソリオ 2002

“メルロ種ワインの金字塔”と形容され、ボルドー地方サンテミリオンをはるかにしのぐ逸品といわれるワインで、年間僅かに600ケースしか生産されない超レアなスーパートスカーナ。
サッシカイアなどと同じ、海に近いボルゲリの場所で、メルロー100%による、豊満で魅力的なワインを造りあげることで知られる。 ワイナート誌でスーパートスカンのメルロー第1位に輝いた実績を持つ、ちょっとリッチなワイン。2009年前後頃が飲み頃といわれるらしいから、ちょっと早いかなと言いつつも、そんなに若い感じもなく、おいしく頂けた。

「メッソリオ」とは「五穀豊穣」を意味する。

ワイン:MESSORIO メッソリオ 2002
生産者:レ・マッキオーレ
タイプ:フルボディ、赤
産地:イタリア トスカーナ州
等級:I.G.T.
葡萄品種:メルロ100%

貴腐ワインとは

貴腐ワインとは、ぶどうの果皮を浸食する一種のカビが繁殖し、ぶどうからは水分が失われて果汁が濃縮し、非常に糖度が高くなることから生まれるワインのことで、この果汁から造られる極甘口のワインが貴腐ワインと呼ばれるもの。

貴腐ワインの蜂蜜のような香りと気品ある甘美な味わいは、歴史上の名立たる人物をも魅了してきたといわれている。ある貴腐ワインを口にしたオーストリアのマリア・テレジア女王(マリー・アントワネットの母)は「このワインには金が溶け込んでいるのね」と感動をし、ルイ14世は「ワインの王にして王のワイン」であると絶賛したと言われている。

サン・クロワ・デュ・モント、ルピアック、セロンの3種は、ボルドー貴腐ワインの銘醸地としてあげられるとのこと。

貴腐ワインについて

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール クロワ・サン・ルイ 2000

ご存知メルシャンが輸入している、ボジョレーヌーボーでお馴染み、ブルゴーニュの名門アルベール・ビショー社のブルゴーニュ・ピノ・ノワール“クロワ・サン・ルイ”。赤と白をセットにしてお中元やお歳暮などのギフトとしても用いられる、飲みやすいワイン。
ロゼよりも濃い赤だけど、フルボディのワインほどの深い赤ではなく、明るいルビ−色でザクロを思わせる。フレッシュなベリー系の香りで、思ったほど甘くないのがうれしい。

ワイン:ブルゴーニュ・ピノ・ノワール クロワ・サン・ルイ 2000
タイプ:ミディアムボディ、赤
産地:フランス・ブルゴーニュ
葡萄品種:ピノ・ノアール種

「女のワイン」ロゴについて

このマーク(ロゴ)は、女性の感性でワインをプロデュースしているワイナリーを表すもので、そうしたワインには後ろ等にこのロゴが小さく印字してある。
ロゴのデザインはワイナリーのラベルデザインを手がけるイタリア・ミラノのデザイン・アトリエでイタリア人デザイナーによって制作されたもので、その元になったものが日本からFAXで送られてきた「女」の文字(漢字)だったという。アトリエの壁に貼って眺め続けること3日間、「女」の文字に重なってワイングラスの形が浮かび上がった時に閃きが生まれ、このロゴが誕生したとのこと。

女のワインプロモーション

BARON de LESTAC BORDEAUX 2006

バロン ド レスタック」はフランスで多くの人々に親しまれているボルドーACブランドとのことで、2002年にはこのブランドでスーパーハイパーでの販売数量がNo.1となっている。また、LESTACは、カステルの社名を逆さに読んで命名されたもので、どのバロンドレスタックにも、ラベルに一本一本製造管理ナンバーが記載されている。

ラベルの下のエチケットの樽のマークは、225リットルの樽約5万個を熟成させることのできるフランス最大級規模の樽熟庫をもつカステル社のこだわりで、5万個の樽からできた数あるワインのうち、これは84809番目のボトル。オーク樽で6ヶ月以上熟成し、樽熟ワイン100%使用。

キツ過ぎないタンニンが果実みを増す感じでおいしく飲める。お手頃な価格で手に入るのもうれしい。

ワイン:BARON de LESTAC BORDEAUX バロンドレスタックボルドールージュ2006
生産者:カステル
タイプ:ミディアムボディ、赤
産地:フランス・ボルドー
等級:ボルドーAC
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ

ページ移動