ワインdiary

記事一覧

沖縄・石垣島の古酒43度『いりおもて』

八重山銘酒、請福(せいふく)酒造の琉球泡盛『いりおもて』。

東洋のブランデーと呼ばれ、琉球王朝時代には薬用酒として日本国に献上されていたといわれる泡盛だけど、泡盛というと、かなりキツくて飲みにくい感じだから今まであまり進んで飲むことはなかった。それが、この泡盛を飲んだ途端、考え方が一変した。

社員旅行の二日目、午前中は西表島を観光したんだけど、由布島へ行く前に小さなバスターミナルに立ち寄った。トイレ休憩だけのつもりが、ここにしかないというお土産物がけっこうあって、試飲試食しながら、ついつい見入ってしまった。

この泡盛『いりおもて』もその一つで、試飲してみると、これが思いのほか飲みやすくてビックリ!ほんのり甘くてまろやかで、43度とは思えないほど。試飲用のお酒の側には黒糖(試食)がおいてあって、お店の人いわく、その黒糖をちょっぴり口に含んで、この『いりおもて』をストレートでキュッとやるのがこの泡盛のウマい飲み方なんだそうだ。通常、泡盛といえばロックや水割り等で飲まれることが多いけれど、この泡盛は、43度でキツいんだけどコクがあってまろやかだからストレートでも全然気にならなくて(飲みにくくなくて)、それどころかほんとにおいしい!と感じた。
『いりおもて』は、西表島にしかないとのことで、そう言われると、これは買っとかなきゃ!という気になってしまって思わず買っちゃったけど、あとで検索してみたらネット通販でも手に入るモノだったのね。

古酒『いりおもて』が西表島にしかないわけ
それは、西表島の水が仕込み水に使われているから。
『いりおもて』は他でも(例えばネットでも)手に入るけど、『いりおもて』の仕込みに使われる西表島の水は西表島にしかないものね。
聞くところによると、西表島には酒屋(酒造所)が一軒もないらしく(そういえば西表島にはタバコ屋もタバコの自販機も船の待合所等にはなく集落まで行かなくちゃならないらしい)、この『いりおもて』を製造している石垣島の請福酒造は、西表島の人たちからの、自分たちの島の水を使った泡盛を作ってほしいという依頼を受けて、この泡盛を造ったんだそうだ。
ほんのり甘みを感じるという西表島に湧き出る水を使って造られた『いりおもて』だからこそ、この泡盛を口にすると、ほのかに甘みを感じるのかもしれない。仕込み方は、請福酒造の「自然仕込み」と変わらないそうだが、珈琲が、入れる水によって味が変わるように、酒も水が違えば味も異なるものなのだと改めて感じた。
『いりおもて』には、この43度のものの他に度数の低いものもある。ちなみに、請福酒造の『請福』という銘柄の泡盛も、とても飲みやすくて、ホテルの宴会でも出て来てた。石垣島内で行ってみた居酒屋やスナック等にも『請福』は置いてあって、店の人の話によると、『請福』はポピュラーなものらしく、それと並んで『八重泉』も飲みやすくて人気だとのことだった。

Chateau La Tour Figeac 2002

写真は今年の誕生日に飲んだワイン。(ワンコ連れで今年もプライムリゾート賢島へ♪)
最近、イタリアンでイタリアワインを飲むことが多かったから、久しぶりにフレンチ&フランスワインをいただくと、こんなにもまろやかで優しい飲み心地だったかなぁと、改めて感動してしまった。

料理は、海の幸ばかりで今回はお肉類はなかったんだけど、赤ワインって、案外魚貝類にも合うんだなぁ!と再発見。聞くと、「肉か魚かではなく、素材の色で合わせて頂くといいですよ。」とのことだった。「白いお肉…例えば豚とか鶏だったら白ワイン、これが牛や鴨なら赤ワインといふうに。」と。
ああ!なるほど!それで、淡白な魚貝類でも、そこに濃厚なソースがかかってたりすると(例えばアワビのソテーにアワビの肝のソースとか)、魚貝類だけど白ワインよりも赤ワインのほうが相性がいいわけなのね!
いつも赤ワインを好んで飲むから、それに合うように、お肉の場合でも、そこに赤ワインのソースや肝のソース等を添えるなどして、上手くバランスをとったお料理にして下さってるんですよね。ホテルの皆さんは、こうして、お料理に限らず、さりげなく細やかな心遣いを、日々の様々なお客様にしてるんだなぁと思うと、とても有難く、うれしく思いました。

さて、ワインの話で、このシャトーは、サンテミリオン(ST-EMILION)の中でもポムロールとの境にあり、ボルドーの中でも数少ないヴィオデナミのリーダー的存在のシャトー。1879年に分割されるまではフィジャックの一部だったのだそうで、ここのワインは、その優雅な育ちの良さを特徴としていて、最近のヴィンテージはブラインド テイスティングで常に好評を博しており、今日ではラ トゥール デュ バン フィジャック(ムエックス社)、ラ ドミニクと並び、グラン クリュ クラッセのリーダーのひとつと言われるまでになっているという。優れたワインが生まれた年は、78年、79年、80年、81年、82年。ワインは新しい所有者の手で益々良くなっているようで、所有者一家の息子であるオトー マクシミリアンが1994年から経営を任される様になり、95年に美味しいワインを造ったといわれている。

ワイン:Chateau La Tour Figeac シャトーラトゥールフィジャック 2002(サンテミリオン特別級)
タイプ:フルボディ、赤
産地:フランス
葡萄品種:メルロー60%、カベルネフラン40%

赤ワインに使われることの多い葡萄の品種表示

Granato 2001

先日フランスワインを久々に飲んで、これは、その数日後に飲んだイタリアワインなんだけど、飲み比べるとフランスワインよりもこちらのイタリアワインの方がカジュアルな印象。
「グラナート」とは、ザクロの意。ザクロのような味がするのかと思いきや、さにあらず、味は至ってワイン(葡萄)の味だった。が、その色はまさにザクロのような、ルビーのような、深くかつ鮮やかな赤で、その香りも葡萄ではないフルーティーさが生きていた。甘い香りほどには甘くなく、香りと飲んだ感じとのギャップがあるワイン。
栓を抜いてすぐは、飲んだ感じ、少し角があったが、デカンタに移してしばらく(小一時間)おくと、まろやかさが増し、香りとともに飲みやすくなった。…飲みやすくなったころには食事は終わっちゃってたりするんだけどね(^^;)
ワイナートの北イタリア特集にも載って注目をあつめているそうだ。

ワイン:Granato グラナート 2001
生産者:フォラドリ
タイプ:フルボディ、赤
産地:イタリア、トレンティーノ
葡萄品種:テロルデゴ種(地場品種)100%
・テロルデゴ種が法的に許されている120hl/haから40hl/haへと収穫量を低減。
・良年のみの生産。
・平均20年樹、バリック(80%新樽)で18ヶ月熟成。

テロルデゴ種
トレンティーノの土着品種「テロルデゴ種」はバルクワインにされていたが、フォラドリの現当主であるエリザベッタ・フォラドリ女史が、この品種の可能性を信じ、潜在能力を最大限引き出す為に日々努力を重ね、ほとんどの人が見向きもしなかったテロルデゴ種からエリザベッタが素晴らしいワインを生み出した事により他の生産者の意識も変わったといわれている。今ではテロルデゴ種はトレンティーノの大切な品種。

シャトー・ラ・カバンヌ 1995

ポムロールにてエスタジェ家が経営するシャトーのワインだそうで、ここのワインは、樹齢約30年、10haの畑から年間6万本を産出し、新樽を60%使用して14〜18ヶ月の熟成が施されるんだそうだ。
昨日はイタリアンで久々にフランスワインを。イタリアンだったけどそんなに濃厚な料理じゃなかったからか、フランスワインでも違和感なくおいしく頂けた。香りはイタリアワインよりも上品でフルーティーな感じ。年数を経ている割りに渋過ぎず、抜栓後の甘酸っぱい角ばった感じも、時間を置くと落ち着いて、さらに飲みやすくまろやかに。ずっしりと重たいのが好きな人にはちょっと物足りないかもだけど、これくらいの飲み口がわたしにはちょうどいい感じ。

ワイン:シャトー・ラ・カバンヌ Ch. La Cabanne 1995
タイプ:フルボディ、赤
産地:フランス
等級:A.O.C.
葡萄品種:M94,CF6

ポムロールについて
ポムロール(Pomerol)は、ポムロルとも表記し、フランス・アキテーヌ地域圏ジロンド県のジロンド川右岸にある村で、ボルドーワインのひとつ、ポムロールという村名AOCを持つ村である。ボルドーワインの中では最も高価な、シャトー・ペトリュスChâteau Petrusを生産する村として知られている。
面積624ha, 人口848人。AOCポムロールは、周辺のいくつかの村を含むため、栽培面積760haある。ポムロールのワインは、メルロー種のぶどうをメインとし、それにカベルネ・フラン種を混醸して作られ、濃い緋赤色で、よく熟したプラムのような香りと、渋みと酸味の豊かなコクのある味わいで、長熟タイプだが、メドックのものに比べると、早くから楽しめる。全体的に、ジロンド川左岸地区のものに比べ、シャトーの規模が小さく、生産量が少ない分希少価値があり、高等が激しい。(ウィキペディアより)

ぶどうの品種

赤ワインに使われることの多い葡萄の品種表示(ワインの等級はこちら

 CS  カベルネ・ソーヴィニヨン
 M   メルロー      
 CF  カベルネフラン
 MA  マルベック   
 PV  プチ・ヴェルド
 PN  ピノ・ノワール   
 SY  シラー  
 CA  カリニャン    
 GR  グルナッシュ
 MV  ムールヴェードル

続きを読む

ページ移動