ワインdiary

記事一覧

チェレット・モンソルド1999

ボトルにラベルを貼らず、代わりにMONSORDOと刻印されているという、ボトルが珍しいワイン。これはボトルが貴重なので、通常は飲み終えた後ボトルを持って帰ることはできないのだが、食事の後で無理を言ってボトルを頂いた。
フルボディタイプの赤ワインを好む私の期待を裏切らない味わい。

ワイン:チェレット・モンソルド1999
タイプ:フルボディ、赤
産地:イタリア


シャトー・ラフィット・ロートシルト1999

ラベル上の瓶に直接印刷されているイラストはハレー彗星(と聞いていたが、皆既日食を記念した月のデザインという説が有力で、「ECLIPSE(エクリプス)=太陽・月の食」の可愛い月のデザインがボトルに描かれているとのこと)。ハレー彗星がやって来た年(1999年)に製造された数少ないワインで超レアなワイン。
口に広がるきつ過ぎない酸味と渋味がたまらない、深みのある1本。何十年に一度、ハレー彗星が接近した年にだけ作られる。私が生きている間にもう一度飲むことができるだろうか…。
瓶に印刷されたイラストの上に刻印されているのは、製造年の「1999」。
インターネットのショッピングサイトでは¥17,900。ホテル系列のレストランでは、その約2.5倍の値がついていた。

ワイン:CHATEAU LAFITE ROTHSCHILD シャトー・ラフィット・ロートシルト1999
タイプ:フルボディ、赤
産地:フランスボルドー

温めて飲む赤ワイン「グートロイトハウス・グリューワイン」

シナモンやクローヴ等の風味が特徴の甘口の赤ワイン。グリューワインを温めて飲むのがドイツの風物詩だとか。別容器に移して、日本酒の燗をつけるように温めて飲む。甘くフルーティーな香り。ホットで飲むならこのくらい甘口の方がいいのかもしれない。
この冬はホット梅酒より、ホットワインで暖まろう!

ワイン:温めて飲む赤ワイン「グートロイトハウス・グリューワイン」
産地:ドイツ
飲み頃温度:50〜55℃


ドゥルト・フレール・グラーヴ GRAVES BLANC 2003

めずらしく白ワインをご紹介。

澄んだ金色のワイン。ドライ・アプリコットのような香りが華やいだ気分にさせてくれる。たまには白もいいものだなぁ、と。食前などにお薦め。辛口ワインでスッキリした飲み口なので、白ワインといってイメージする甘ったるさはない。
同じメーカーからフルボディの赤ワインも出ていて、こちらは深いルビー色で舌に絡み付かないサラッとした飲み口のワインで、これもお薦め。

ワイン:ドゥルト・フレール・グラーヴ GRAVES BLANC 2003
タイプ:白
産地:フランス


ドン・カミッロ

これは美味しかった!
深く濃い赤をしていて、その色からは想像つかないくらいフルーティーで、旨味が濃縮されている感じがする。
オーナーであるカミッロの名前がラベルに入れられている。

ワイン:ドン・カミッロ
タイプ:フルボディ、赤
産地:イタリア


ページ移動